教育なくして、企業成長なし

セールスの学校とは

ゆとり世代を即戦力にするセールスの学校

人気の研修メニュー

一人から参加できる!オープンスクール

研修導入後の離職率が違う!自発的に行動を起こし、どのような問題や課題でも、自分に責任の所在を置ける、強い人材を育成します。

詳しくはこちら
営業研修

営業力、販売力の強化研修やセルフマネジメント、コミュニケーション力の強化まで必要に応じたプロクラムをご提供いたします。

詳しくはこちら

企業に選ばれ続ける5つの強み


ポイント1

トレーニング中心だから楽しみながら学べる 本研修は座学ではなく、ワークやロープレ、人前でのプレゼンテーションなどのトレーニングが主体となっております。
楽しみながらできるワークが多く、何度もデキナイことにチャレンジし、デキルようになることで、学びに対してポジティブな印象を与えることができます。

ポイント2

新人の早期戦力化が実現 ビジネスマナーなどはもちろんのこと、仕事に必要なマインドをワークを通じて学ぶことができます。チーム別でプレゼンテーションの優劣を競い合ったり、 お互いの取り組みに対してフィードバックしあったりと、主体的な行動を取らざるをえない環境下で、積極性を育みます。

ポイント3

圧倒的な離職率の低下 新入社員研修では、自社で働く意義を明確にすることを重要視しています。なぜ、自分がこの会社で働くのだろうか?自分が働くことで、 会社に対してどんな貢献ができるのだろうか?を徹底的に考え、行動の基軸になるまで落とし込みをいたします。また、半年間に渡り研修を実施するため、 現場に出てからの悩みや課題を研修中にクリアにすることができます。それにより本研修を導入いただいた企業様の離職率が劇的に改善されました。

ポイント4

実績に裏付けされた実戦スキル 校長の浅井を始め、講師は様々な営業職で結果を出してきた人間ばかり。現場で使える生きた理論が元になっています。 実際さまざまな業種の営業職・販売職の方に導入いただき、結果の伴ったノウハウコンテンツで構成されています。
大手上々企業様から中小企業まで多数の実績があり、リピート率はなんと100%を誇っています。

御社の社員研修で効果が出ない4つの理由
CASE1 そもそもつまらない

大抵の受講者が会社から指示されて受講しており、そもそも「学びたい」意欲が薄い状態で受講されます。 やる気がないうえに研修内容がつまらなければ、有効な気付きは得る事はできません。

CASE2 実践的ではない

多くの研修が座学中心です。知識を知っただけで習得できる人は多くありません。研修という言葉は、英語で言うと「トレーニング」。 必要なのは知識の詰め込みではなくトレーニングなのです。

CASE3 講師に実戦経験がない

研修講師は、「研修のプロ」です。教え方には型があり、上手な研修をされるかもしれませんが、実戦経験がなければその言葉に力はなく学びは薄くなってしまいます。

CASE4 フィードバックがない

通常、1対多の研修で、一人ずつに対してフィードバックする事は困難です。しかしフィードバックがない事でモチベーションを下げ、本人に気付きを与えることはできません。

研修・セミナーのお申込み

pagetop