Release

みなさん、こんにちは。入社して一カ月の島田です。学生時代は勉強する事が嫌いでした。

しかしながら日々勉強、そして実践をする事で身についていく事が楽しく、もっと勉強がしたい、もっと時間が欲しいと思っている今日この頃。

それは、未来の自分をイメージし、夢や理想を持っているからです。そうする事で勉強や仕事の意欲が上がる事を弊社の新入社員研修において様々なワークを通して私自身も研修のアシスタントに入りながら学びました。

 

さて、本日は東京の一社単独クラスday3の開催です。

マナーは毛利講師、そして浅井校長が担当されました。

 

 

 

毛利講師は学んだ事を身体に覚えさせるよう何度も実践練習をします。お客様対応の練習で、ふざけてしまう受講生もいました。それは社会人としての意識が低いということ。練習から真面目に行ないましょうとお叱りを受けていました。

毛利講師のおっしゃる通り、新入社員など関係なく会社にいれば、一社員として会社の顔となるわけです。失敗すれば会社のイメージが悪くなってしまいます。

新入社員研修では練習し、失敗が出来る場なのです。Day3になり、気持ちが緩んできたのかもしれません。しかしday1、day2で敬語やマナー等学んできたことは現場で実践され、研修中に反省点や気づいた事を発表し、着実に受講生に身についているのが言動や動作等で分かります。気を引き締めてday11まで受講していただけるよう私も研修の運営アシスタントを務めたいと思います!

浅井校長は研修中に社会人としての豆知識等も教えてくれます♪

簡潔で分かりやすく、面白おかしく例えながら学べるので、つい聞き入ってしまいます。学生時代に浅井校長みたいな先生がいたらよかったのにな~と考えます。

ブログをご覧のみなさんも是非一度ご見学にお越しください!

 

コメントは利用できません。