Release

セールスの学校 浅井隆志です。本日は管理職の能力についてわかりやすく解説いたします。

以前の記事で解説いたしました、管理職の責任役割を果たすために、管理職は6つの能力を養う必要があります。

 

1、プランニング能力  2、問題解決能力 3、支援サポート能力 4、指導能力 5、育成能力 6、自己成長能力

 

1、 プランニング能力管理職は仕事や“業務のマネージメント”と“人のマネージメント”という2方向の責務があります。業務を遂行する際、計画実行能力が必要になります。

また、人のマネージメントではあるべき姿、メンバーの成長ゴールを明確にして育成計画を遂行していくことも必要です。これらを実現するために、プランニング能力が必要になります。

 

2、 問題解決能力ビジネスでは想定外の出来事が起きるのが常です。クレームもありますし、事件や事故も他人ごとではありません。管理職たるものはどのような問題が起きても解決できる力強さ、安心感が必要です。

現状の問題解決のみならず、将来に起こるべく問題の芽を摘む施策も問題解決能力です。

 

3、 支援サポート能力チームビルディングと言い換えれば馴染みやすいでしょうか。しかし管理職はチームを作る手前で、ひとりひとりの役割を明確にする必要があります。

適材適所に配置をし、個々の役割を明確にして、チームを醸成させる。これが、支援サポート能力です。

 

4、 指導能力日々の業務において指導の機会は無数にあります。うまくいかせるために、効率を上げるために、生産性をあげるために指導能力は不可欠です。

時には叱ることも必要でしょうし、褒めることも必要でしょう。また、メンバーのポジション(能力)に応じても指導基準を設定し、適切な指導が重要です。

 

5、 育成能力企業の成長は社員の成長なくして実現できません。メンバーが成長すればすなわち企業の成長ともいえるでしょう。

最近では横一線の育成ではなく、メンバー個々のニーズ、ライフスタイルに合わせた施策が重要です。これは、個々が幸福を実現するために働き方も多様となっているからです。昔のような一律の育成ではなく、メンバーに合わせたキャリア構築、すなわち育成能力が大切です。

 

6、 自己成長能力会社の器は社長の器。チームの器はリーダーの器。このような考え方はなにも精神論的なものではなく、実態に即している考え方ではないでしょうか。

管理職が自ら学び、自らチャレンジする姿はメンバーへの強烈な刺激になるはずです。人は人に感化されるように、管理職自らが自己成長の意欲を持ち行動することが求められます。

 

これらを下支えするスキルとしてコミュニケーションスキル、コーチングスキル、ティーチングスキル、コンサルティングスキル、ファシリテーションスキルなども必要です。

 

レポート発行者:株式会社セールスの学校 代表取締役 浅井隆志

コメントは利用できません。