Release

みなさんこんにちは。島田です!

花粉が辛い時期になってきました。私は目が痒くて、ゴーグルをつけたいです。

さて、本日は五反田にて管理職研修DAY2の開催です。

講師は代表の浅井です!

DAY2では、問題解決演習や報連相を学びます。

何度もグループワークをして体感、体得して頂きます。

報連相といえば、管理職の方々はどのようなイメージを持っているでしょうか。

「報連相しましょう」と言って、報連相がなければ部下に叱る事ありませんか。

報連相は自ら取りに行くものと考える事が必要です。

例えば、大事な事は報告するように等と伝えているとします。

自分が経験してきた事を部下は未経験であれば、

何が大事かなんて判断が出来ないでいます。

なので、全て報告をとりにいき、どんな報告が大事で大事ではないかを教えてあげなけれがいけません。

報告する事で問題回避が出来るという事、

報連相の重要性を感じさせる事を意識しましょう。

また、現場でこんな事起こっていませんか?

チームで進めているプロジェクトなのに、

あちらこちら上司や先輩で言っている事が違う…

部下は我慢している人もいるでしょう。

そんな時、誰が正しいという事を考えるのではなく、

プロジェクトを走り出した時のマネージャーの責務となります。

チームに共通認識があれば、こんな事は起きません。

そこで、次回は、価値観の共有や、理念の浸透・思索について学んでいきます。

次回も、どんな気づきがあるのか楽しみですね!

それでは、また2週間後にお会いしましょう。

コメントは利用できません。