Release

こんにちは。花粉の飛散がおさまるのを心待ちにしている柴岡です。
本日は五反田にて管理職研修DAY4を開催しました。

今回は、まず、関係構築において重要なラポールスキルを学びました。

ラポールスキルには、ミラーリング、ぺーシング、バックトラッキングがあり、実際に上司役と部下役でペアになり、ラポールスキルを使ってワークを行い、現場でも部下にバックトラッキングをさせることで話の行き違いを未然に防ぐことができることなどを実感していただきました。

指導のアプローチでは、指示型、委任型、参加型、支援型があり、対象によりアプローチを変える必要があることを学び、部下の課題をマインドチェンジし、答えを引き出すワークを行いました。

後半では、部下を動かす適切なフィードバックの方法、やってはいけない注意、適切な指導のタイミング、コーチングを学び、ワークを行いました。

私がワークに参加した時は、なかなか言葉を引き出したり、誘導することが難しかったのですが、参加者の中にはコーチングによって上手く言葉や行動を引き出すことができた方もおられました。

このようなスキルは、ポイントを押さえて普段から意識することで、身についていくものだと思います。

現場で部下へのアプローチに活用することで良い関係を築き、成長を促します。

次回は、人材育成についてワークを交えて行います。

ぜひご見学にお越しください。

コメントは利用できません。