Release

皆さんこんにちは!

教育コンサルタント宮地 尚貴です!

私は今、京都府におります!

今回は、弊社代表の浅井より、京都にて管理職基礎研修DAY1を開催いたしました。

学生の時以来の関西、2年ぶりの関西に興奮が冷めやらぬ状態です。

突然ですが、部下、メンバーをお持ちの方々へご質問です。

メンバーのキャリアを考えたことはありますか?

ちなみに、キャリアとは、下記のことを言うようです。

「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」、さらには「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないしは継続性を持った概念とされています。「キャリア」を積んだ結果として、「職業能力」が蓄積されていくものです。

なんだかよくわからないですね!!頭が痛くなります。

要は、簡単に言いますと、経験を積ませることです。

経験を積み自分自身の成長を実感させ、出世や昇進、社会貢献、仕事自体への面白さを

体感させることです。

ここで重要なのが、キャリアは勝手に積むものではありません。

しっかりと会社が創り出し、会社側が積ませることが重要です。

ただ、現状キャリアを会社側が創り出せている会社は少ないです。

部下に対して、経験を積ませて、自分自身の成長を実感させ、出世や昇進、社会貢献、仕事自体への面白さを体感させたい。
なんて、考えたことありますか?

考えたことのある方は非常に素晴らしいです。

本研修では、研修の冒頭に個人のマネジメント力をご理解いただくために、

マネジメント診断を行っております。

このマネジメント診断には、仕事マネジメントと人マネジメントの両軸がございます。

仕事マネジメントとは、業績面など、業務上に関するマネジメントです。

人マネジメントとは、人材育成や、チームワーク、人にフォーカスを当てたマネジメントです。

実は、驚くことにほとんどの方が、人マネジメントが疎かになっているんです。

これではいけません。

採用難、売り手市場、離職率増加の中、

今、最も重要なのが、人マネジメントなのです。

セールスの学校の研修では、しっかりとメンバーのキャリアを促進できるように

現場で必ず実践できる内容をお伝えしております。

代表、浅井の今までの経験を基に使える内容しか、学びません。

本日も、今までの経験談が納得感を倍増して負います。

次回は、2週間後です。

この研修を通じ、管理者の方が、どのように変貌を遂げていくか、私自身楽しみです。

 

 

コメントは利用できません。