Release

こんにちは!!
広島にやってまいりました。
セールスの学校仲村です。

本日は広島にて、セミナー(採用力向上ゼミ)を行いました。
本日も多くの企業様にお集まり頂きました。

セミナーは採用についてです。
採用についての知識を学ぶだけでなく、
ワークや、これまで採用成功した企業の事例を用いて
わかりやすい、参加型のセミナーになったと思います。

突然ですが、
皆様の会社では採用がうまくいってますでしょうか?。

また、採用できても育たない、
辞めてしまうなんてことは無いでしょうか?

売りて市場ということもあり、
採用にお困りの方も多くいらっしゃるかと思います。

ここで、
本日の講義を元に採用活動を見直す4つのステップをお伝えします。

以下、4つのステップを元に、
採用活動を根本から見直していくことが重要です。

①強みの整理。
採用活動を始める上で始めに採用戦略を立てる必要があります。
理念・価値観を元に他社にない自社の強みを整理します。

②求める人物像の明確化。
活躍人材を元に、求める人物像を分析し、
これから採用していく人物像を明確化させます。

③コンセプトを固める。
採用戦略(強みの整理、求める人物像)を元に
自社ならではのコンセプトを固めます。

④コンセプトを元に採用フローを作る。
コンセプトを用いて一貫性のある採用フローを立てます。
採用ページ、navi媒体、DM、会社説明会、面接
全てコンセプトを用いて一貫性のあるフローを立てていきます。

これら4つのステップを踏んだ上で初めて
最近のトレンドだとか、上手くいくための採用術など
小手先のテクニックを活用していくのです。

また、「採用成功には母集団(エントリー数)が必要」
という考えを見直す必要があります。

目指すべき成功は「採用人数=母集団」、
また、将来自社で活躍する人材の採用こそが成功と呼べるのです。

採用活動をうまく進めるために
母集団(エントリー数)を多くしようと考える企業がほとんどです。
そして、母集団を増やそうとして、費用や労力を掛けます。

しかし、母集団だけを増やしても
目標としている採用人数に届くわけではありません。
また、採用できても【ミスマッチ】が起こり離職に繋がります。

結果、多額の採用費を掛けたにも関わらず

”採用がうまくいかなかった”ということになるのです。

なので、採用活動を行っていく上で、
「母集団を増やす」という考えではなく、
自社の求める人材を採用するためにも
「採用について根本から見直して行く」ことが重要となるのです。

採用費が年々かさんでいませんか?
にも関わらず採用がうまくいかないなんてことはありませんか?

売り手市場だから?

関係ありません。
採用が上手くいっている企業は多くあります。

採用は小手先だけ変わっても意味がありません。
自社について1から見つめ直し、4つのステップをもとに
採用活動に取り組むことで、採用は必ずうまくいきます。

是非、強みの整理から採用活動を見直してみてください。

また、6月13日に五反田にて採用力向上ゼミを開催いたします。
採用の見直しについてお考えであれば、セミナーに足をお運びください。
セミナー情報はこちら→ http://sales-training.jp/seminer-3/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。