Release

本日は自社研修ルームにて、新入社員研修が開催されました。

本日の講義は、折衝力の向上と、自社理解を深めることが目標です。

午前中は社内、社外で活用できる折衝力について学びました。

折衝とは、相手の断りに対する、切り返しです。
利害関係が一致しない相手と、問題解決のために駆け引きすることで、
ビジネスにおいては、目的を達成するために、相反する意見や要望を持つ相手と
話し合い、有利になるように上手く折り合いをつけることを指します。
折衝は、取引先やお客様だけでなく、社内での人間関係を構築する上でも
必要となる場面が多くなるため、仕事をする際には欠かせない能力です。

社内社外でのコミュニケーション能力の向上、
提案力の強化、パターン別に応じた折衝力を身につけるため
11もの応酬話法を学び、ワークを通じて実際に体験して頂きました。

ワークにて実際に活用することで、
相手の切り返しトークに対し、どう感じるのか?
メリット、デメリットは何なのか?知ることができ、
応酬話法の必要性と、効果について理解して頂きました。

また、午前中最後の学びとなった「リフレミング」では、
相手の言葉に対する、切り返しだけでなく、
自他ともに活用できるモチベーションの上が方について学びました。

起ってしまった出来事は変えられません。
ですが、出来事に対してどう捉えるのか?それは自身が決めることなのです。

先輩に怒られた!!
こういった出来事に対して、
“期待されているんだ、頑張ろう”などポジティブに捉えるのか
”嫌だな、最悪”とネガティブに捉えるかは自分自身なのです。

仕事をしていれば、できないことや、ミス、怒られることもあるでしょう。
しかし、その時に自分自身がどう捉えるのかを変える(リフレミングする)ことで、
その後の仕事に対するモチベーションも変わってくるのです。

4つのワークを通して考え、学び、体験することで、
活用できるスキルとして身につけられたと思います。

是非、これからも意識、実践することで
自身のスキルとして身につけて頂きたいです。

午後は、自社理解について学びました。
自社について、サービスの特性・価値・ニーズについての理解を深める時間です。

次回の講義では、本日まとめた「自社について」を活用して
さらに深く自社について理解し、プレゼンして頂きます。

受講生の皆様がどういったプレゼンをするのか、
次回、聞けるのが楽しみです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。