Release

こんにちは!!
セールスの学校仲村です。

本日は松本クラスにて、5回目の新入社員研修が開催されました。
受講生の皆様元気があって気持ちが良かったです。

さて、本日の講義、午前は応酬話法についてです。

営業職、販売職の仕事に就かれている方であれば、
お客様のことを考えた、サービスのご案内をすると思います。

応酬話法では、サービスのご案内時に、
お客様のご期待の沿うべく、相反する要望・意見を持つお客様と
話し合い、ご納得頂けるよう折り合いをつける折衝力を学びました。

折衝力は、取引先やお客様だけでなく、社内での人間関係を構築する上でも
必要となる場面が多くなるため、仕事をする上でとても使い勝手の良いスキルの一つです。

お客様に納得して頂くために活用できる、一つの手法があります。
それが、Yes and 方式というものです。

従来、営業の世界ではYes but 方式というスキルが常識とされ、
良い切り返し、提案ができると言われてきました。

ですが、”しかし”と否定をされたお客様は不快に感じるケースがよくあります。

Yes and方式は、よりお客様に嫌悪感を抱かせず、
提案を聞いて頂ける手法です。

Yes and方式では相手の話を直接否定せず、
相手の聞く姿勢を損ねないため、より良い情報を提供しやすくなります。
より良い情報を案内することで自社の商品・商材に結びつけやすいですよね

受講生の皆様もワークを通して実践!!

相手の立場になってYes but とYes andの違いを実感して頂きました。
ワークを通して行動、実感することで習ったことを腹落ちして理解ができたようです。

これから仕事で使っていけそうですね。

次回は自社のプレゼンです。

受講生皆様とお会いできることを楽しみにしています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。