Release

みなさんこんにちは!
本日は金曜クラスをお届して参ります。

本日は、「動機付け理論」について学びました。

お客様と話す上で、重要な動機付け。
どのような内容を話せば良いと思いますか?

まずダメな営業マンの例として上げます。
「弊社の商材の強みは~」
「他社と比べて~」
と話す人です。

どこがいけないのでしょうか。

これは聞き手、お客様にとっては苦痛になることがあります。

これはただの話し手、営業マンの自己満足に過ぎません。
「弊社はこれだけすごい!」というただの自慢話です。

みなさんは永遠と人の自慢話を聞くことができますか?
私は正直苦痛です(笑)

なぜなら興味がないからです!!!
内容が頭に少しも残りません。

つまり自社自慢をすればするほど、顧客満足度を下げる要因になるのです。

それでは何を話すのか。
それがBIPROメゾットです。

この内容を話すことで、成約率がグ~ンと上がります。
失注するという悩みがガクっと下がります。
それがこのBIPROメゾットです。
もしかしたら、断トツトップの営業マンに
なれるかもしれません。

営業力を上げたいと方、ぜひご見学にお越しくださいませ!
スタッフ一同心よりお待ちしております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。