Release

みなさんこんにちは!

宮地 尚貴です。
昨夜はワールドカップ見ましたか?
日本対セネガル 引き分けでしたね。手に汗握る攻防でした。

なんとか、今回は決勝トーナメントに進んでほしいです。

さて、本日は、出身である広島から研修日記をお届けしております。

今回は、6日目の講義です。

入社から3カ月たっただけあり、だんだんと社会人らしい気の引き締まった顔つきになっており、驚きました。

本日のテーマは、「ヒアリング&動機づけ」です。

営業において、ヒアリングと動機づけは欠かすことが出来ないスキルです。
特に、ヒアリングは営業の結果を左右するといわれるくらい重要な要素です。

本日は、わかりやすいように、プライベートの場面に置き換えながら体感トレーニングをしました。
ヒアリングの重要性、動機づけがあることの大切さを徹底的に学びました。

例えば、ヒアリングの際、相手からなるべく「NO」はもらいたくありません。
私たちの業界でいえば、

弊社営業担当「離職は多いですか?」

S社人事担当「いいえ、多くないです。」

このような場面は防ぎたいです。

相手からNOをもらいすぎると、「この人はわかっていないな」というようになります。
提案する雰囲気が悪くなります。

ですので、今回、相手からNOをもらわずに、相手の真意を引き出す、質問のスキルを習得しました。

質問にはいくつか種類があります。
どのタイミングでその質問を切り出すか。これが非常に肝心です。

質問の構成を学び、理解することで、皆さん相手の本質を深ぼることが出来ていました。

今後の彼ら、彼女の営業活動がどのように変化していくか。楽しみです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。