Release

こんにちは。
ひさびさの大阪にテンションが上がり、降り立った瞬間独り言が関西弁になった柴岡です。
いざ関西弁で武装して行ったものの、大阪クラスはみなさんきれいな標準語で拍子抜けしてしました。

さて、本日は大阪BクラスDAY7が開催されました。

前半はヒアリング力です。
顧客のニーズを理解するにはヒアリングが重要です。
また上司から指示を受けた際ヒアリングが的確でないとゴールが違ってしまうこともあります。
そのために質問の種類と効果的な使い方を徹底的にトレーニングしました。

このヒアリング力は私生活でも使えます。
現在→過去→未来の順にヒアリングするだけで距離が縮まり短時間で親友になれちゃいます!
受講者もワークを通して実感していました。

後半は説得力です。
話の構成を一般論→反論→結論で進めます。
正当性は他方を否定することで成り立ちますが、頭からの否定は反感や反発を買い、話を聞いてもらえない恐れがあります。
そこで、先に一般論を掲げてから反論することで、反感を買わずに納得してもらうための提案トークを学びました。

0712_大阪B発表

ワークでは、自社の商品やサンプルの中から商品を選び、提案トークを作成し発表をしました。
みなさん入社3か月とは思えない説得力のある堂々とした発表で驚かされました。

ぜひ現場で活用していただきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。