Release

皆さん、こんにちは。
セールスの学校の中西です。

お盆はどのようにお過ごしになられましたでしょうか。
私はゴルフ三昧!!!
お陰様で体重が2キロ増えました(謎です・・・)

休みはリフレッシュできたので、ビシッと本日も
研修をお届けいたします。

さて、本日の金曜クラスが
「クレーム対応」について実践的に学んでいます。

皆さん、「クレーム対応」と聞くとどんなイメージが浮かびますか?
大多数の人が、できれば避けたいと思うかもしれません。

しかし、実はクレームを頂くということはありがたいことなのです。

なぜなら「サイレントクレーマー」という言葉を聞いたことがありませんか?

意味は「音がないクレーマー」

つまりクレームを言わないクレーマーということです。

ん?どういうことでしょうか。

いわゆる、嫌なことがあっても何も言わずに去っていく人たちです。

そして面白いデータも。

サイレントクレーマーは直接クレームは言いませんが、
職場や友達、時にはSNSを使い、クレームを言います。

「あの店美味しくなかった~」
よく聞きませんか?

平均17人に伝わるそうです・・・

恐ろしいですね。

つまりクレームとは、お客様の貴重なご意見であり
商品やサービス、供給体制などの改善のきっかけになるものです。

電話一本でクレームを頂くとしても、

お客様から、電話するための時間や労力を頂いています。

つまり、お手間をかけてでも、自社のサービス向上のために

意見を言ってくださっていると考えると、

クレームは真摯な姿勢で誠意をもって受け止めるべきですね。

本日は誠意あるクレーム対応を身につけて頂きました。
これで明日から完璧ですね!!!

次回は、いよいよDAY11。最終日です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。