Release

広島に来たらやっぱりお好み焼きを食べたい

株式会社セールスの学校 中西です。

 

お勧めは「みっちゃん」です!

と言いたいですが、「電光石火」というお店がお勧めです。

 

お好み焼きをオムライスのように卵で包んであるので、

口当たりがとっても柔らかくて、食べやすいです。

広島に来られた際はぜひ、一度、立ち寄ってみてください。

インスタ映えもします!

 

お好み焼きができあがるのを待っている間は

なんだかソワソワしてしまいます。

この待つ時間、というのも楽しみではあるのですが、

ちょっとした待ち時間では漫画アプリを開くことがあります。

 

最近は「ジャンプ+(プラス)」というアプリを開きます。

このアプリの中に収録されている「左ききのエレン」という漫画が

すっごく面白いのです。

 

この漫画、広告代理店が舞台なので、華やかな部分もあれば、

その裏側にある泥臭さも描いており、読んでいくうちに

どんどんと引き込まれていきます。

さらに毎回、出てくる名言が心にグサリ、グサリと刺さりまくります。

 

最近の名言は、ファッションショーでファッションモデルが

プロデューサーに放った一言です。

 

「プロデューサーさんは何でもできるのですね。

でも、何でもできるは何にもできない。かわいそうな人

自分は服を着て、歩くことしかできない。

だからこれで世界一になる」

(内容は要約してます)

 

漫画という架空のお話ではありますが、

このような世界観に、ついつい引き込まれてしまいます。

 

特に最後の「これで世界一になる」というセリフは

現実の世界でも大事だと思っています。

 

私は今、営業として働いておりますが、ほんの3年ほど前までは

就活中の学生でした。

当時は、規模の大小を問わずに様々な企業の説明会に参加をしました。

 

そこで「わが社はこの●●が世界一」や「圧倒的な□□におけるNo1です」

というような、自社の強みや方針、コンセプトを明確に打ち出していた企業は

とても魅力的に映りました。

 

今、その会社のHPを拝見すると、当時と比べて売り上げや従業員数が

何倍にもなっていたり、拠点が増えているなど、大きく伸びている企業が

多いです。

 

この、自社の強みや方針、コンセプトを明確に打ち出すこと、が

採用や企業の成長に重要なポイントだと思います。

 

そして実は、弊社で企業様の採用コンサルに入るときも

自社の強みや方針、コンセプトを明確に打ち出すことから始めています。

 

同業他社と比べて自社の優位性は何?

なぜお客様はなぜ自社から買ってくれるのか?

わが社を一言で表すとなに?

 

色々な角度から焦点をあて、その企業ならでは、をあぶりだしていきます。

そして、そのあぶりだされた強みや方針、コンセプトを明確に打ち出し、

採用活動や事業展開を進めていくことが、他社との差別化、優位性になります。

 

他社と差別化され優位性が生まれると、採用コストが圧倒的に下がります。

求人広告を出さなくても、オンリーワンである自社に入社をしたい求職者が

ひっきりなしに現れます。

 

他社と差別化され優位性が生まれると、営業活動が劇的に楽になります。

お客様の方から商品を求めて問い合わせをするようになります。

 

今まで弊社は一都三県でしか、このような内容のセミナーを行っていなかったのですが、

今年から全国各地で開催をしております。

本日は広島でした。

同じ内容を11月7日(水)に開催しますので、ご興味を頂けましたら、

お気軽に担当営業もしくは、info@sales-school.co.jpまでお問い合わせください。

 

各会場、先着15社様限定のセミナーです。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。