Release

みなさんこんにちは!!
味噌煮込みうどん てんむす えびふりゃー
セールスの学校 中西です。

私は今、名古屋と書いて「にゃごや」と読む名古屋におります!
名古屋は今、駅前が再開発のラッシュです。
半年も経てば風景がガラリと変わってしまうほどに
ビルが立ち上がっています。

名古屋は名古屋メシと呼ばれるほどに
ごはんが美味しい地域です。
テンションが上がります!

突然ですが皆さんは「きしめん住よし理論」という理論を
ご存知でしょうか。

名古屋駅の新幹線ホームに「住よし」という立ち食いきしめんの
有名店があります。

そのお店の名前を冠した理論です。

どんな理論かと言いますと、ピンポイントの人に対して
その人が熱狂するぐらいの価値を提供することで
圧倒的な人気と売上を獲得することができる、
という理論です。

「住よし」はいつも長蛇の列ができています。
5人、10人が並んでいるのは当たり前です。

そこに並んでいる人には特徴があります。
97%ほどがサラリーマンです。
家族連れはまずいません。
女性はごくたまに見かけるくらいです。

ではなぜ「住よし」にこんなにサラリーマンの方々が並んでいるのか。
理由は1つです。

出張の行き来時の少しの時間で美味しいものを食べたいから、
です。

その欲求に対して「住よし」は、美味しいきしめんを手早く提供、
しているのです。

新幹線ホームに「住よし」はありますので、食べ終わるまでの時間が
限られています。
そのため、オーダーから提供までにかかる時間は体感で1分です。
すぐに出てきます。

出張サラリーマンの欲求「少しの時間・美味しいもの」に対して、
住吉は「1分で提供・美味しいきしめん」という価値を提供しています。

それによって、大人気店になっています。
これが「きしめん住よし理論」です。

この「きしめん住よし理論」は色々なことに応用ができます。

代表的な応用例としては、人材採用です。
明確化した求職者の欲求に対して、自社が提供できる価値を伝えるのです。

求職者の欲求には様々なものがあります。
スキルを活かした仕事がしたい、やりがいのある仕事がしたいい、
都内で勤務がしたい、給与はやっぱり高い方が良いなど

一方で自社が提供できる価値は限られています。
専門性が活かせる仕事、仕事の達成感、都内での勤務のみなど

求職者の欲求に対して自社が提供できる価値を
採用時に徹底的に打ち出していくのです。

自社が提供できない価値に対して欲求を持っている求職者へは
どうしたら良いのでしょうか。

そのような求職者は自社には合わない人材、なので
採用すべきではない人材です。
捨てましょう。

大事なのは、
求職者の欲求 = 自社の提供できる価値
の式が成り立つ求職者にのみアプローチをすることです。

この理論に基づいて採用すると、人材が定着するとともに、
高いパフォーマンスを発揮します。
なぜなら求職者の欲求が最大限に満たされているからです。

本日は、名古屋で高いパフォーマンスを発揮する
人材採用の方法についてセミナーを開催しております。

多くの方から質問を頂いて皆様の熱意の高さに
浅井ともども、同じくらいに燃えております。

 

次回は11月13日(火)に開催します。
ハイパフォーマーの採用にご興味おありの方は
info@sales-school.co.jp
こちらのメールアドレスまでお問い合わせください。

 

最後となりますが、「きしめん住よし理論」は
僕が「住よし」できしめんを食べながら思いついた理論です。

 

(受講者の質問に答える浅井)

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。