Release

新潟大好き中西研です。

新潟は何といってもお米が美味しいです。
さすが、日本有数のこめどころです。

そして、美味しいお米が取れるので、お酒が美味しいです。
最近は日本酒の美味しさが段々と分かってきました。

なにより、女性がきれいです。
雪のように色白でしとやか、綺麗な女性が多いです。

美味しいお酒、綺麗な女性がいるだけで生きていけます。
もう他にはなにもいりません。

新潟の女性を見るといつも思い出します。

まだ大学生のころ。何社かに参加をしていたインターンシップのうちの1社。
少しの間だけ通っていた企業の人事担当者が新潟出身の綺麗な女性でした。

個人的に、女性の色気はうなじに、男性の色気は背中に、出ると思っています。
その新潟美人の人事担当者はうなじが特に綺麗な女性でした。

下心が無いと言えば真っ赤なウソになります。
こんな方と一緒に働けるなら毎日が楽しいだろうな、と淡い期待を抱いて
通っていました。

そんな私の淡い期待は、初日で大きく裏切られました。

会社の雰囲気が、根性・根性・ど根性のど営業会社だったのです。
インターンシップで来ている学生は毎日、テレアポです。
朝から晩までテレアポです。

しかも、立ってテレアポです。アポが取れるまで座れません。
アポが取れてスケジュールを入力する間だけ、
椅子に座ることが許されていました。

アポが取れない日は、まさに地獄でした。
1日中、立ちっぱなしです。
夏場なんてもう最悪でした。

今、振り返るとよくやっていたな、と思います。
当時、鍛えていただいたのが今に活きていますので、
インターンシップで通わせていただいて感謝しています。

そして、感謝していることは、もう1つあります。

当時、仕事の仕方を色々と教えて頂いていました。

その中に、PDCAサイクルをとにかく回せ、と事あるごとに
言われていました。

PDCAサイクルを回して担当者につながる数を増やせ!
PDCAサイクルを回してアポ率を上げろ!
PDCAサイクルを回してアポの精度を上げろ!

などなど、とにかくPDCAサイクルを回せ!と言われていました。

この場を借りて白状します。

当時は「分りました!PDCAサイクルをガンガン回していきます!!」と
大きな声で返事をしていましたが、心の中でさらに大きな声で叫んでいました。

PDCAサイクルってどうやって回すんですか!!

回せ、回せ、とにかく回せ、とさんざん言われていましたが、
回し方を教えてもらったことは1度もありませんでした。

回し方も分からないのに、どうやって回すんですか!!
回し方を教えてください!

毎日、心の中で叫んでいました。
声に出して言えなかったのは、周りの先輩方が自分と同じように、
「PDCAサイクルをガンガン回していきます!」と言っていたからです。

当時、大人になれば自然にPDCAサイクルをガンガン回せるようになるんだ、
回せないのは自分の理解度が足りないからだ、と思っていました。

これも白状しますが、大人になっても自然にPDCAサイクルを
ガンガン回せるようにはなりませんでした。

大学時代の友人に聞いても、同じようなことを言っていました。

先輩社員から「PDCAサイクルを回せ」と指導をされるけど、
その回し方が分らない。誰も教えてくれない。
教えてくれないのに、回せと指導をされる。もうわけが分らない。

もしかしたら私が香川県出身で大学が大阪だから、
東京の人はPDCAサイクルを回せるのは常識なのでは?
関西と関東の常識の違いなのか、と考えたときもあります。

常識の違いなのか、と考え色々とリサーチをしてみると
どうやら関西と関東の違いもないようでした。

全国共通で新入社員や若手社員は上司や先輩社員から
「PDCAサイクルを回せ」と指導をされるけれども、
その回し方を指導された人はほとんどいない。

私は声を大にして言いたいです!
いや、言います。

PDCAサイクルの回し方を教えてもいないにも関わらず、
回せ、という指導はナンセンス。意味が無いです。
新入社員や若手社員に無駄なストレスを与え、生産性を下げ
効率的な組織運営を阻害している!と。

私はさらに声を大にして言いたいです!
いや、言います。

PDCAサイクルの回し方は私たちが教えています。

それも単なる回し方ではなく、速やかに生産性が向上する回し方です。
新入社員の離職の芽を早期に発見し摘み取れる回し方です。
新入社員と指導者の間をつなぎ強力な組織力を構築する回し方です。

私は研修業界に足を踏み入れ、新入社員研修の提案を企業様にするにあたり、
競合他社や大手と言われる研修会社、有名な研修を徹底的に研究しました。

そして結論に至りました。

弊社以上に新入社員に対してPDCAサイクルの回し方、
そして活かし方を教えている研修会社は日本のどこにもありません。

私は最大限の声量で言いたいです!!
いや、言います。

企業の経営者の方、人材育成の携わす方に言います。

新入社員を採用して、即戦力化、早期の戦力化と要望しているにも関わらず、
そのために実施している研修が数日間のマナー研修、の企業が多いです。

数日間のマナー研修で即戦力化、早期の戦力化になるのでしょうか。

なるわけがない!!

やりたいこと と やっていること がバラバラ過ぎます。
そんなことをしているから新入社員がすぐに辞めてしまうのです。

私はこんな現状を少しでも変えたくて、全国を周りセミナーを実施しています。

セミナーでは新入社員や若手がPDCAサイクルをガンガン回せるようになる指導の仕方、
さらに、企業として人材育成における「やりたいこと」と「やっていること」の一貫性を
持たせる方法などをお伝えしております。

人が定着しない、採用してもすぐに辞めてしまう雇用環境のなかで、
やりたい、やりたくない、ではなくやらざるを得ない、
という状況にまでなっているのが今の日本です。

貴社の競合他社はすでに取り組んでいます。
やらなければ競合他社に負けるだけです。

最新のセミナー日程はこちらで確認できます。

皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

 

※入社当初はPDCAサイクルが回せなかった私ですが、
今は毎日、回しています。

 

(セミナーで熱弁を振るう代表の浅井)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。