Release

こんにちは!宮地尚貴です。

現在、オーストラリア、メルボルンヴィクトリーで活躍する
本田圭佑選手も 日本には個の力がが足りない。
と日本サッカーに熱く投げかけていました。

ビジネスの領域でも圧倒的に個を発揮できる
人材が少なくなっているように気がします。

本日は、「個」を育むPDCA研修の模様をお伝え致します。

今は、圧倒的「個」の時代といわれています。

働いている時間全てを同じ1つの会社で働く。

という時代ではなく、

会社の看板がなくても、自分自身の市場価値で
この世の中を生きていく時代になりました。

組織の中で、どのように「個」を発揮するか。

それは「突き抜けた何か」が必要ではないかと思います。

突き抜けるためには、没頭し、夢中になり、やり切り、徹底的にこだわりを持つ。

これが重要かと。

そこで必要となるのが、「PDCAサイクル」です。

目標を立て、行動し、振り返り、新しいアクションをする。

ただ、これだけだと、自分の考えの範疇に収まってしまったり、
一人で行うので、結局続かない。

そんなことが容易にあります。

だから私たちは、研修で、「PDCFAサイクル」をお伝えしております。

P・・・PLAN
D・・・DO
C・・・CHECK
F・・・FEEDBACK
A・・・ACTION

振り返りと次のアクションの間に他者からのフィードバックを入れることで、
新しい気づき、モチベーションを保ちます。

PDCFAの定着により、突き抜けた成果がだせたり、
モチベーションを高く保ち続けることも可能です。

今後、半年間の研修で、このサイクルを定着させるべく、
精いっぱいフォローいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。