Release

実家に帰らせていただきました。
セールスの学校 深川です。

本日は、地元、名古屋にて新卒を中心に約40名のビジネスパーソンへ、
ビジネススキル研修を実施しております。

4月に入社をした新卒も既に退職する人が出るなど、
年々、早期退職をすることのハードルが下がっているのを感じております。
かくいう私も新卒で入社をした会社を半年で退職をしました。
退職をした後はしばらく渡り鳥生活をしておりました。

渡り鳥生活では実に様々な方と仕事をさせてもらいました。
純粋に「あっ!この人、すごい」と思える人がいました。
「この人とは一緒に働けないな」と思える人もいました。
今、振り返ればそのどれもが良い経験をさせてもらいましたが、
今の新卒の方々には同じ苦労をして欲しくない、と思います。

渡り鳥生活で一番苦労をしたのは、どのような人と一緒に働くべきか、
です。人の見極めが一番苦労をしました。

色々な方と仕事をさせてもらい、人は4種別に分けられることが分りました。

それがこの4種別です。

一緒に仕事をして自分に対して”厳しく”かつ”具体的”なことを指摘してくれる人がいたら、
その人にはついていくことをお勧めします。

厳しいことを言うのは、本当にその人の成長を考えているから。
具体的なことをいうのは、指摘する内容に精通しているから。

そういう人は仕事のスキルとマインドが高い傾向があります。
仕事の先輩、また人生の先輩として色々と教わることが多いでしょう。

かくいう私は自分に一番厳しく指導をしてくれた人と結婚しました。
一緒に仕事をしていた時は毎日がサンドバックでした。

新卒の方々は特に優しいことを言う人には注意が必要です。
「まだ仕事が残っているの?早く帰りなよ。 」
「いいね、そういうの良いね」
などなど。

「まだ仕事が残っているの?早く帰りなよ。」
このような発言をする人は単純に新卒に対してマウントを取りたいだけ、です。
新卒を気遣っている私って良い先輩♪と自己陶酔しているだけです。
本当に相手を想っているなら、どんな仕事が残っているのか具体的に聞くはずです。

「いいね、そういうの良いね」
このような発言をする人はただ相手に好かれたい、と思っているだけです。

このような人が社会には多くいます。
いますが、このような人たちは新卒なら誰にでもしているわけではないです。

新卒の中にもやはり、言われやすい人・言われにくい人・言われない人、で分かれます。

言われないよりは言われにくい方が良いでしょう。
少なからず言われるわけですから。

言われにくいよりも言われた方が良いでしょう。
言われる数が多ければ、自分の実になることがそれだけ聞くことができます。

新卒だから、言われるわけではありません。
あなたに言いやすいから言うのです。
あなたが言いにくいから言わないのです。

言われないよりも言われた方が良い。

ではどのように言われるのか。
その決定的な違いは相手との関係性です。
その関係性が強いか弱いか、無いか。その違いしかありません。

本日はその関係性を構築するためのコミュニケーションスキルを
40名のビジネスパーソンにお伝えしております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。