Release

夏風邪を引いてます。
セールスの学校 深川です。

夏風邪はバカしか引かないらしいです。
バカで良かったです。伸びしろしかありません。
成長がうなぎ登りです。毎秒ごとに自分の成長を感じます。

36歳の私ですら毎秒ごとに成長するわけですから、
本日、研修を実施している若手ビジネスパーソンの方々は0.1秒ごとに
成長をしているのではないかと思えます。

毎秒ごとの成長に伴って気がついたことがあります。

成長は後からやってきます。

何の後からやってくるのか。
それは、自分が成長をするために投入をした時間や労力、お金などの後です。
図にすると下記です。



縦軸が量、横軸が時間
赤色が自分が投入した時間や労力、お金
青色が成果として現れる成長です。

始めた時点では何も投入をしていませんので、成果としての成長はありません。
次第に投入する量が増えていきますが、それでも成果としての成長は
まだありません。

それでも投入をしていきピークを迎えて初めて成果が現れてきます。

多くの人が残念ながらそれから投入量を減らしていきます。
成果が現れてきたから、投入することに疲れたからなど
様々な理由があるでしょう。

しかしながら投入量を減らしてもそれまでに投入した分によって、
成果は増えていきます。
それによってますます投入量を減らしていきます。

そしてある瞬間から投入をせずに逆に怠けるようになっていきます。
そしてある瞬間から成果が出ずに逆に逆風が吹き始めます。

仕事ではミスを連発する、後輩や部下に追い抜かれる
プライベートでもなんだかうまくいかない
そんなことが続くようになっていきます。

そうして初めて、自分が落ちている、と認識をします。

何とかしよう。
この状況を改善しよう。
そう思い、様々なことに取り組むようになります。

ある人は資格を取ります。
ある人はセミナーに通います。
上司や先輩社員に教えを請う人もいるでしょう。

しかしながら、状況は一向に改善されません。
それどころかどんどん落ちていきます。

もがき苦しみますが、どんどん落ちていきます。

追い打ちをかけるように大きなミスやトラブル、クレームが起きます。

状況を良くしようとしてこんなに頑張っているのに、
なんでこんな大きなミスやクレームが起きるんだ?!
心が折れそうになる瞬間です。

多くの人がここで思います。
自分の人生ってこんなものか。
投入することを止めます。

ですが、ここが最下点です。

大きなミスやクレームは、再び投入し始めたから起きたわけではありません。
落ちている最中の自分が起こしたことです。
結果として現れたのが「今」だっただけです。

多くの人が投入することを止めていくなか
ほんの一握りの人がそれでも投入をし続けます。
自分の人生を本当に良くしたい。
ただそれだけを想って投入し続けます。

そしてある瞬間に気がつきます。
不思議と状況が好転していくことに。

そこからは投入すればするほどに成果が出てくるようになります。

人生、山もあるし谷もある。
しかしながら谷で立ち止まる人が圧倒的に多いです。
あと一歩を踏み出せば、そこは山の裾野です。

本日は静岡にてそんな山の登り方、谷の下り方、谷から山に移る方法などで
重要になってくるビジネススキルを、今年の新入社員を中心に30名の
若手ビジネスパーソンにお伝えをしております。



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。