ブログ
「売れぬなら、売れるまで耐えようホトトギス」 セールスの学校代表取締役浅井による営業論

「仕事はもっともっと楽しくなります!」
代表浅井によるトップセールスマンになるため、そして仕事を面白くするための「奥義」を伝授

2017年10月3日更新 | 研修報告

9月開催!キャリアコンサルティング講座 DAY2


みなさん、こんにちは!

 

セールスの学校 定作です。

 

 

本日は、キャリアコンサルティング講座 DAY2が弊社講師 青柳のもと

 

開催いたしました。

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは、「問題解決能力」です。

 

マネジメントをする側としては、非常に重要な要素かと思います。

 

 

問題解決能力を磨くにもどんな問題の種類があるのか知る必要があります。

 

まず、どんな種類があるのかお伝えします。

 

 

 

種類は3つありまして、

 

発生型・発見型・創造型です。

 

 

発生型は、誰でもわかる、すぐに手を打つべき問題で

 

代表例はお客様、取引先からのクレームが発生した、不良品・ミスが生じた

 

などです。

 

 

発見型は、見方を変えないと見えない問題で

 

代表例は自社の業績は問題ないが、市場の成長性や競合他社の伸び率を考慮すると、

 

自社の成長性が低いなどです。

 

 

創造型は、将来を見据えて今のうちに対応する問題で

 

代表例は今期は目標は達成したが、現在のビジネスモデルで5年後も同じ目標を

 

達成できるかなどです。

 

 

3種類のパターンはわかったが、実際に問題が起こった際にどのような対応をとれば

 

良いのかわからないとお思いになられる方もいるかと思います。

 

 

 

なので!!!

 

実際のケーススタディを用いて考えてみたり、アプローチの仕方をお伝えしています。

 

研修の場はあくまでも実際の現場で起きることへの練習の場ですので

 

自分の考えを周りと共有し、周りの意見も聞き入れ

 

こんな考え方もあるんだというような気付きもあればと思っています。

 

 

 

研修で学んだことの実践は難しいと言われることがありますが、

 

自分自身で意識し、次回の研修までに何かひとつでも実践していくことが重要です。

 

弊社の研修では、一定の期間をあけて研修を行っておりますので

 

学んで終わりではなく、学んだことを実践してしっかりと復習もできるようになっております。

 

 

少しでもご興味がござましたら、弊社までお問い合わせください!!

研修・セミナーのお申込み

pagetop