社員紹介 深川聡介

ミスターセールスの学校とは僕のこと。妻は2まわり年上です。

深川 聡介 ふかがわ そうすけ

所属:社長室
担当業務:職業訓練校運営
入社:2011年

お客様へメッセージ

「セールスの学校の皆さんは責任感があって、どの人もしっかりと話を聞いてくれるし、弊社のことを考えた提案をしてくれるので、頼りになります。」
神奈川県にある、自動車部品商社の人事責任者の方に言われた言葉です。特定の誰かというわけではなく、誰であっても、と言われたことにうれしく思うとともに、期待に応え続けられるようレベルを上げ続けることの責任を強く感じた瞬間です。
社内の雰囲気としては、これで良いではなく、もっと良いものを、と常に向上心を持って仕事に取り組む社員が多いです。

歩み

高校時代、情熱的な担任の先生に深い尊敬を持ち、教師という仕事に強い憧れを抱き、大学では教職課程をとりました。4年生になり「このまま教師になって、社会に送り出す教師が社会について何も知らないのはおかしい」と思い、社会について知るために一旦企業に就職する道を選びました。

東京のインターネット関連のベンチャー企業に採用され上京しました。営業について教わり、少しずつ成果を出せるようになり、それに比例して、やりがいや営業の面白さなどを感じました。そんな中、会社の業績不振から退職をすることとなりました。
その当時は、「裏切られた。だったら何で採用したのか」という気持ちが湧き上がってきました。落ち着いて考えると「自分にもっと営業としての実力があり、もっと売れるようになっていれば、こんなことにはならなかった」と、自身の力不足に思い至りました。
ニーズが無いなら作れるようになる、知名度がなくても売れるようになる、分かってくれないなら分かって貰えるようになる、それができるように自分の実力を上げることが先、と考えるようになりました。その後、PR会社に転職をし、同時に様々なセミナーに参加をするようになりました。

セミナーに参加をし、実際の現場で実践してみると、上手くいくこともありました。その経験から「学んだことを実践すると成果がでる」ということに改めて気がつきました。上手くいく事を1つずつ増やしていくと、周りの環境や評価も少しずつ変わっていきました。その後、リーマンショックに伴いPR会社を退職を余儀なくされたことで、もともと携わりたかった教育の仕事に就きたいと思い教育研修会社へ転職しました。

そこで1人の講師と出会いました。その講師の研修ではスキルを伝えるとともに、考え方やあり方の部分を重要視しており、その内容に強い衝撃と共感を覚え、この内容をもっと学びたいと思い、その講師が開催している営業職を対象にしたセミナーに参加をしました。
そこでは、本当に大きな学びを得ることができ、さらに実践をするとその分の成果が得られる確かな手ごたえを覚えました。
自分の様に悩んだり迷ったりしている営業職の人にこの内容を伝えたい、と思いました。多くの研修を見てきて、さまざまなセミナーに参加した私が、自信を持って言える日本一の学びの場でした。

その講師こそが弊社代表の浅井隆志です。私は浅井の考えに共感し、夢に乗りました。そして現在、私はセールスの学校に勤めています。

入社のきっかけや志望理由

前職では研修会社の営業を経験。代表の浅井の研修をアシスタントで入った時に、この研修を売りたい!と熱望し転職しました。

 セールスの学校について

家族主義なところ、失敗を許容する風土があるところが良いです。

目標

目の前の仕事を120%こなすだけです。

出身地


愛知県

長所


見た目で嫌われない

短所


事務処理

得意


おやじギャグ

趣味


レッサーパンダ

言葉


我らの生き様を見せんでなんとする

本・音楽


論語、アース&ウィンドファイヤー

座右


なんでも壊すぜ

尊敬


川村隆氏、孫正義氏

好き


実家

日課


隔週で行くLAVA(ホットヨガ)

おすすめ


日本ブレイク工業

©  セールスの学校 All Rights Reserved.
PAGE TOP