富山の新入社員研修ならセールスの学校で|独自のカリキュラム

2021.02.04

今回は、富山県の企業や新入の特徴を解説し、新入社員研修を成功させるポイントについて紹介します。

富山県にはどの様な企業が存在し、新入社員研修を成功させるにはどのようなポイントに気を付けるべきか、
地域の特性にも触れながら、失敗をしないためのポイントをお伝えします。

富山の新入社員の特徴

富山県の新入社員の特徴を、まずは男女別で見ていきましょう。

男性はとにかく真面目で勤勉な方が多くいらっしゃいます。
現実主義な方が多く、無駄遣いもあまりしません。
入社した会社で働き、給料を貯蓄し、家を買うことを目指し働く方が多くいます。

次に女性ですが、自分に正直な方が多い印象です。 仕事に関しても粘り強さがあり、 自分で決めたことに関しては、辛抱強く努力することができます。
また、共働きが多いので、結婚後もキャリアを気づいていくという 意識が新入社員の頃からあります。

男女ともに、仕事に関する意識が他県と比べても強い傾向にあります。

富山県に所在する企業の特徴について

富山県は、第2次産業が盛んです。

(第2次産業とは主に工業や建設、電気ガス事業のことを指します)

その中でも製造業の比率が全国平均に比べても高いことが特徴です。
※富山県32.5%、全国平均21.4% 内閣府県民経済生産調べ 製造業の中でも特に医薬品を中心とした化学メーカーが多く、昔から「薬の富山」といわれるくらい医薬製品製造が盛んです。

医薬品の生産額は、毎年全国でもトップクラスで、 なんと2015年および2016年では、全国1位の生産額になっています。

その他にも銅器やアルミなどの非鉄金属メーカー、自動車部品や電子部品メーカー、工作機械や産業機械メーカーなど企業規模こそ大きくはありませんが、製造している製品の国内シェア、海外シェアがトップクラスというニッチ企業が多く存在しています。

豊富な水資源、広大な土地と地価の安さ、電力の安さ、災害の少なさという恵まれた環境や、真面目で誠実な県民性と高い技術力が、多くの優良なメーカーを生み出しているのです。

そこで、富山県ではお客様が何を求めているのかなど、製造スキルだけではなく、 顧客理解やマーケティング、コミュニケーションスキルが幅広く求められてくるでしょう。

季節や時代に合わせてお客様が何を求めていてどのような商品を世の中に流通させていくのか、考えるスキルが必要となります。

富山県の新入社員研修を成功させるポイント

それでは、富山県で教育を成功させるにはどのような取り組みが必要なのでしょうか。

信頼関係構築スキル

社会に出て生きていくうえでビジネスの基礎スキル(ビジネスマナーやコミュニケーションスキル)は押さえておきたいです。富山県の方は真面目で勤勉、謙虚な方が多いです。

しかしその長所が過ぎると逆に短所に捉えられてしまうことも少なくなく、人間関係を築くことが苦手な人も少なくありません。
人間関係が上手くいかないと、培ってきた技術の伝達も遅れてしまいますし、 仕事の効率も悪くなってしまいます。
最悪の場合は離職に繋がるケースもあります。

真面目さを生かし、新入社員のうちからコミュニケーションスキルを強化し、 円滑に仕事が回るようにしましょう。

頭の柔軟性、応用力を養う

新入社員の時から柔軟性を養うことが重要です。
県民性的に継続することは得意ですが、どうしても過去の常識や成功体験に縛られ、 変化する力が他県の人より弱い傾向にあります。
昨今の世の中ではこれまでにないスピードで物事が進んだり、予想とは異なることがおきます。

2020年度にコロナウイルスが流行り、世の中が大きく変わらざる負えないなか、 特に柔軟性は富山県の企業において必須になってきています。
新入社員の時から様々な考え方を身につける、いわゆるロジカルシンキングや他者の意見を取り入れ、より最適な答えを見つける柔軟性や、ファシリテータースキルも学んでおきましょう。

社内教育と社外教育をリンクさせる

いくら良い研修を受講したとしても、実践しなければ意味がありません。
一般的に、研修で学んだことの成果が出るまで実践し続けられる人の割合は、 なんとたったの4%しかいないそうです。
その理由として、研修を実施することが目的になっているケースが多いとされています。

研修を実施するだけではなく、どのように実践をするか、 効果測定をしっかりしましょう。
効果測定をきちんと行っていれば、富山県の新入社員の方は真面目ですので、 研修の効果はより現れるでしょう。

「セールスの学校」富山の新入社員研修の開催実績

ここでは、セールスの学校の新入社員研修実績をご紹介します。

実績1 様々な業種、職種の企業が多数受講

富山県での新入社員研修は合同型が特に人気です。
合同型とは様々な企業の新入社員が集まって研修を行うことです。
富山クラスの受講企業にはメーカーや建設業、小売業など様々な企業様が参加しています。
他社同期と切磋琢磨し合いながら学び、柔軟性やコミュニケーションスキルを高めあえる点が好評です。

実績2 離職予防実績多数

富山県では2017年から研修を実施していますが、1年未満の離職率は1.5%と従業員100名以下の1年以内の離職率が24%というのに対して低い水準を保っております。

合同型を行うことにより、隣の芝生が青くないという現実を受講生同士で語り合うことで共感し合えるカリキュラムになっております。 結果、離職率の大幅な減少に繋がり、企業様から喜びの声を頂いております。

まとめ

今回は富山県の新入社員の特徴、企業の特徴やセールスの学校の富山県における実績について解説してきました。
富山県の企業で研修に悩まれている場合は、是非参考になさってください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-15.png
セールスの学校様LP_Banner

「この内容が無料でいいのか!?」と驚きの声続出の弊社ウェビナー一覧はこちらにございます⇒ https://lp.sales-training.jp/webinar_LP.html

公式Twitterアカウントのフォローをお願いします! https://twitter.com/sales__school

無料で学べる全4章
Eラーニング「新入社員研修」

ビジネスマナーとホウレンソウなど、ビジネスに必要な知識習得とケーススタディによるスキル習得ができる

第一章
超実践!ビジネスマナー
第二章
業務効率向上!ホウレンソウ(報連相)
第三章
絶対関係構築!コミュニケーション
第四章
クレームをファンに変える!顧客対応
無料で学べる全4章無料で学べる全4章