働き方改革研修とは?どのような社員研修?

2021.05.12

働き方改革研修とは?どのような社員研修?

働き方をについて様々な見直しを行っている「働き方改革」は、2019年から一部が施行されています。ですが、自社できちんと取り組めていないと感じている企業も多いのではないでしょうか。
そういった場合に活用したいのが、働き方改革研修です。働き方改革研修が行われている目的や研修内容についてご紹介しましょう。

■働き方改革にまつわる社員研修の目的とは

働き方改革とは、労働者自身が個々の事情に応じて柔軟な働き方を選択できるようにするための改革です。新型コロナウイルスの影響を受けてテレワークを取り入れる企業が増えるなど働き方は大きく変化しており、この働き方改革に注目が集まっています。
今後は少子高齢化に伴う影響も大きくなってくるため、企業としても早い段階から働き方改革に取り組む必要があるのですが、ここで重要になるのが、経営者をはじめとした全従業員の意識改革です。経営者のみが、または従業員のみが働き方改革を意識してもうまくいきません。会社で一丸となって取り組んでいくべき改革だといえます。

そこで、働き方改革研修を役立ててみましょう。社員研修として行われている働き方改革研修は、経営者や従業員の「意識」と「行動」の2つの面を強化できる研修です。柔軟な働き方を選択するためには何を意識すれば良いのか、どういった行動を取れば良いのかが学べます。

■働き方改革における方向性

自社で働き方改革を実践していきたいと考えた際に、おさえておきたい方向性についてポイントを見ていきましょう。

全社員の労働時間を綿密にコントロールする

働き方改革として積極的に実施したいのが、残業時間の削減です。残業が多い場合は、配置されている人員の数や業務フローなどに問題がある可能性が高いので、見直していきましょう。
ただ残業を減らすように指示するだけでは働き方改革とはいえません。原因を追究し、改善するための方法について総合的に検討、見直しをしていくことが重要です。

多様な人材を上手く活用する

企業の中で、多様な人材が上手く働けるように体制作りをすることも働き方改革の一環です。多様な人材を採用・活用していくことにより、業務の幅を広げることもできます。多様性研修なども行われているので活用してみてはいかがでしょうか。
また、雇用形態においても多様性を意識することが重要です。従来の決められた時間に出社する働き方だけではなく、テレワークをはじめとした様々な雇用形態を活用していくことが求められています。

生産性と柔軟性を意識する

働き方改革では、生産性を維持しつつも柔軟性のある働き方を考えていく必要があります。テレワークやモバイルワーク、フレックスタイム制度などを取り入れる際には、どうすれば生産性を落とすことなく実践できるのかを、事前に良く検討しなければなりません。無計画に新しい働き方を入れたところ、結果的に大きく生産性が落ちてしまい、頭を抱えている企業も多いです。
働き方が変われば発生する問題も変わってくるので、テレワークなどを実践する際には事前に十分な準備を整える必要があります。関連する社員研修も多々行われているので、役立てていきましょう。

■働き方改革における社員研修の内容とは

働き方改革における社員研修の内容とは

実際に社員研修として行われている働き方改革研修では、どのような内容が行われているのかというと、以下のようなものが代表的です。

  • 働き方改革と労働生産性の関係性
  • 業務効率化にまつわる取り組み事例の紹介
  • 労働生産性の向上にともなう具体的な着眼点や手法の種類
  • 自社事例に置き換えたうえでの研究および改善点の明確化

ただ、上記はあくまで一例に過ぎないため、働き方改革にまつわる社員研修を実施しようと考えた際には、あらかじめ各セミナー運営会社の研修内容についてよく確認が必要です。自社がどのような形で働き方改革をしていきたいと考えているのか把握し、それを実現できるような働き方改革研修を選択しましょう。

働き方改革研修の中では、他社での事例などを確認することができるので、具体的なイメージが沸きやすくなります。また、十分な知識がない状態で手探りの働き方改革を行ったとしても失敗しやすいため、何に注意すれば良いのか、どのように実践していけば良いのかを効率よく学ぶことが可能です。

■働き方改革は企業の今後を大きく左右する

社員研修として実践したい働き方改革研修についてご紹介しました。このまま少子高齢化が進行して労働人口が少なくなれば、それだけ生産力が低下することになります。
労働人口を確保するためには、現在働いている従業員がより働きやすくなる環境整えていく必要があるのはもちろんのこと、現在就労していない高齢者や女性が働きたいと考えた際に、それを受け入れていくための姿勢を整えていく必要があります。将来的に社内の労働力が不足するのを防ぐためにも、早い段階から社員研修などで働き方改革について学び、実践していきましょう。

LP用バナー

■「この内容が無料でいいのか!?」と驚きの声続出の弊社ウェビナー一覧はこちらにございます!
https://lp.sales-training.jp/webinar_LP.html

■公式Twitterアカウントのフォローをお願いします!
https://twitter.com/sales__school

無料で学べる全4章
Eラーニング「新入社員研修」

ビジネスマナーとホウレンソウなど、ビジネスに必要な知識習得とケーススタディによるスキル習得ができる

第一章
超実践!ビジネスマナー
第二章
業務効率向上!ホウレンソウ(報連相)
第三章
絶対関係構築!コミュニケーション
第四章
クレームをファンに変える!顧客対応
無料で学べる全4章無料で学べる全4章