中堅社員に求められる役割をわかりやすく解説

2021.10.07マネジメント

中堅社員に求められる役割をわかりやすく解説

中堅社員という立場になったら、自分の役割を理解し、部下や会社を支えていく存在にならなければなりません。そこで、中堅社員に求められる役割や、企業に貢献できる中堅社員を育成するにはどうすれば良いのかについて解説します。
次期リーダーにあたる存在を育てるポイントについて確認してみてください。

■中堅社員は入社何年目からを指す?

そもそも中堅社員とは何かというと、一般的に入社6~10年経過していて、まだ役職にはついていない社員のことです。中には新人と呼ばれる段階を過ぎた3年目以降から、役職前の段階にある社員を中堅社員と呼ぶこともあります。
また、中途採用者についてはすでに他社で経験を積んでいることから、入社1~2年目でも中堅社員とみなされることも多いです。中堅社員に明確な定義はないため、どこからどこまでを中堅社員とするかについては企業によって異なります。ただ、新人と管理職の間のポジションが中堅社員と考えるとわかりやすいでしょう。
40代以降の社員はベテラン社員と呼ばれることが多いので、おもに20代後半から30代の社員を中堅社員と呼びます。様々な業務経験を積み、次期リーダーとして活躍が期待される存在です。

■中堅社員に求められる役割

中堅社員になると、新入社員とは異なる役割が求められます。具体的には、以下の4つです。

管理職のサポート

多くの業務に追われている管理職をサポートするのも中堅社員の役割です。
管理職は企業の方針や目標を明確に理解し、それを実行する立場にあります。その管理職を支えるためには、中堅社員自身も企業の方針・目標といったものを理解していなければなりません。
そのうえで部下を指導することにより、適切な形で管理職のサポートができるようになるでしょう。

後輩社員の育成

新入社員や若手社員といった後輩社員を育成する役割も大きいです。企業によっては先輩が新入社員や若手社員に対して業務を実践しながら指導するOJTで、教育を進めようと考えているところもあるでしょう。
この場合、新入社員・若手社員と年が離れているベテラン社員ではなく、ある程度年が近くて接しやすい中堅社員に指導を任せるのが一般的です。適切な指導で後輩社員の育成を行います。

主体的なチーム作り

全体をまとめ、チームを作る役割もあります。新入社員や若手社員はまだ自分のことで精一杯であり、自分に与えられた業務を遂行するだけとなることが多いです。ですが、中堅社員になったら主体的なチーム作りに取り組む姿勢が求められます。

業務遂行力や技術力の向上

これまで以上に業務遂行力や技術力を向上させるための取り組みが求められます。将来的にはリーダーとして活躍が期待されているので、問題提起能力や、解決能力なども磨いていかなければなりません。

■中堅社員を育成するポイント

中堅社員を育成するポイント

若手社員と呼ばれる段階を過ぎたからといって、すべての従業員が中堅社員として求められる役割を発揮できるわけではありません。活躍できる中堅社員を育てるためには以下のようなポイントに注目してみましょう。

自分の立ち位置を認識させる

中堅社員と呼ばれる立場にある方の中には、まだ若手社員としての意識から抜け出せない方もいます。これからは管理職を支え、新人を指導していく立場にあるという、自分の中堅社員としての立ち位置をしっかり認識してもらいましょう。
これまで以上に求められることが多くなるため、本人が中堅社員としての自覚を持ち、業務に取り組んでいく必要があります。

モチベーションを向上させる

新入社員や若手社員の頃は、業務の中で新鮮さを感じることが多いです。しかし、様々な業務を経験してきた中堅社員になるとそれがなくなり、モチベーションが低下してしまうことがあります。
モチベーションの低下を防ぐためには、これまでに経験したことがないようなことに挑戦させるのも良いでしょう。ただ、中堅社員は様々な業務が集中しやすくなるので、刺激を与えようと難しい仕事割り振り、それが大きな負担になってしまわないように注意が必要です。
多忙によって疲弊し、結果的にモチベーションが低下してしまうようなケースもあります。

上司によるフォロー体制を整える

中堅社員が新入社員や若手社員の指導を行った際、理想通りに進まないケースがあります。その際は上司がしっかりとフォローできるような体制を整えておきましょう。こういった体制を整えておくことにより、中堅社員も安心して部下に指導できるようになります。

■中堅社員の役割を知りそれを達成するための育成が必要

中堅社員に求められる役割として、どのようなものがあるのかについて解説しました。管理職のサポートや後輩の育成など、中堅社員に求められる役割は非常に多く、かつ重要です。
本人に立場や役割を理解してもらうのはもちろんのこと、企業としても中堅社員の役割を把握し、サポートしていけるような体制を整えましょう。

■「この内容が無料でいいのか!?」と驚きの声続出の弊社ウェビナー一覧はこちらにございます!
https://lp.sales-training.jp/webinar_LP.html

■公式Twitterアカウントのフォローをお願いします!
https://twitter.com/sales__school

無料で学べる全4章
Eラーニング「新入社員研修」

ビジネスマナーとホウレンソウなど、ビジネスに必要な知識習得とケーススタディによるスキル習得ができる

第一章
超実践!ビジネスマナー
第二章
業務効率向上!ホウレンソウ(報連相)
第三章
絶対関係構築!コミュニケーション
第四章
クレームをファンに変える!顧客対応
無料で学べる全4章無料で学べる全4章