Release

みなさんこんにちは。中山拓哉です。
長野県松本市にて管理職研修も開催されました。

先日は大阪でも開催がありましたが、
続いて松本でも行われております。

 

3日間と言う短い期間ですが、しっかりお伝えしていきます!

 

DAY1では問題解決能力について学んでいただきます。
管理職と言う立場にとって、このスキルは非常に重要です。

 

ただ、問題と言っても様々な種類があります。

 

それは、
発生型・発見型・創造型の3つです。

 

発生型とは、誰が見ても問題だとすぐに認識できる問題です。
例えばクレームがそうですよね。

 

管理職という立場で重要なのは、発見型と創造型です。
この2つが、管理職としての能力が問われます。

 

発見型とは、見方を変えないと見えてこない問題です。

例えば、営業部にとっては問題ではないが、管理部にとっては問題、
というようなものです。

 

創造型は、現在は問題ではないが、5年後10年後も

問題が起こらず同じ商材で勝負していけるか、というような問題です。

 

講義だけではなかなか伝わりづらい部分もあるので、
受講生のみなさんには実際に起こりそうな出来事を想定した演習ワークをこなしていただきます。

 

セールスの学校では、講義少なめ、ワーク多めがモットーです。
研修の内容は、実践して、腹落ちして初めて身につくものだと考えています。

 

また、研修でワークを行うだけでなく、宿題として現場でも実践していただきます。

 

研修だけで終わらせない、現場で継続して活用できる
仕組みがあるセールスの学校、興味がある方は是非ご見学にお越しください!!!

コメントは利用できません。