Column News

今回は、新潟県の企業や新入の特徴を解説し、新入社員研修を成功させるポイントについて紹介します。
新潟県には、どの様な企業が存在し、新入社員研修を成功させるにはどのようなポイントに気を付けるべきか、地域の特性にも触れながら、失敗をしないためのポイントをお伝えします。

目次

  1. 新潟の新入社員の特徴

  2. 新潟県に所在する企業の特徴について

  3. 新潟県の新入社員研修を成功させるポイント

  4. 信頼関係構築スキル

  5. 視野を広げるトレーニング

  6. 社内教育と社外教育をリンクさせる

  7. 「セールスの学校」新潟の新入社員研修の開催実績

  8. 実績1 様々な業種、職種の企業が多数受講

  9. 実績1 様々な業種、職種の企業が多数受講

  10. まとめ

新潟の新入社員の特徴

新潟県の新入社員の特徴を、まずは男女別で見ていきましょう。
男性は真面目でコツコツと努力できる、勤勉な方が多いです。
また、雪国特有の粘り強さや忍耐力の強さもあります。
堅実な方が多く、それが逆に頑固と思われてしまうこともあります。
見栄っ張りな部分もあるので、他県の人よりも、 褒めて欲しい、認められたいという承認欲求が強い傾向があります。

次に女性ですが、芯が強く行動力のある人が多いです。
学生時代から後輩の世話を焼く世話好きな面があるので、 先輩や上司になった際には部下の相談に乗ってあげるような、包容力のある人に なるでしょう。

男女とも共通していることは、真面目で努力を惜しまないところです。

新潟県に所在する企業の特徴について

新潟県といえばやはりお米やお酒といった食料品です。
なんと県民の8割が 新潟県は食料品が有名と答えるアンケート結果もあります。(お米の産出額全国1位、酒蔵の数全国1位)
実際に新潟は米の産地、お酒の種類が豊富で全国的にもかなり有名です。
美味しい水と、豊かな水に恵まれていて、美味しいものが作れる土地と環境が揃っています。
結果、新潟県の売り上げが一番多いのが飲食などのサービス業となっています。
これも美味しい食べ物が生産出来ているからでしょう。

もう一つ有名な産業が製造業です。
新潟県の燕三条といえば「モノづくり」で大変有名です。
皆さんも一度はテレビで同市の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。
世界にも通用する技術力で我々を驚かせてくれます。
その中でも金属食器は国内シェアNo.1。
そのシェア数は実に9割と、日本国民の生活にはに欠かせないものとなっています。
その他にも新潟県という恵まれた環境を生かした農業や、自然資源を生かしたエネルギー産業にも力を入れ、最近では「治療機器分野」など優位性のある医療機器分野の研究にも力を入れています。
海外を含めた販路拡大の支援を官民協働で進めており、経済が非常に活発です。 新潟県ではサービス業が多いこともあり、顧客理解やビジネスマナー、コミュニケーションスキルが幅広く求められてくるでしょう。
また、製造業も活発なので、時節に合わせて顧客が何を求めているのか、どのような商品を世の中に広めていく必要があるのかなどを考えるマーケティングスキルが肝要となってきます。

「工場」の画像検索結果

新潟県の新入社員研修を成功させるポイント

それでは、新潟県で教育を成功させるにはどのような取り組みが必要なのでしょうか。

信頼関係構築スキル

社会に出て生きていくうえでビジネスの基礎スキル(ビジネスマナーやコミュニケーションスキル)は押さえておきたいスキルの一つです。
サービス業が多いということもあり、コミュニケーションスキルは重要です。
そして世界に通用する製造業でも仕事を円滑に進めるためにコミュニケーションスキルは欠かせません。

高度経済成長期のただ技術だけできればいいという時代は終わりました。
新潟県の方は真面目で勤勉、謙虚な方が多いです。
県民性の真面目さを活かし、新入社員のうちからコミュニケーションスキルを強化し、 円滑に仕事が回るようにすることが大切です。

視野を広げるトレーニング

新潟県民の方は保守的で頑固な人が多いと言われています。
良く言えば伝統を重んじますが、悪く言うと、変化を恐れて中々新しいことにチャレンジすることができません。
昨今の世の中ではこれまでにないスピードで物事が進み、1年後を予測することすら難しくなっています。

2020年度にコロナウイルスが流行し、世の中が変革を求められる中、 特に変化することが力は新潟県の企業において重要になってきています。
(変化できないのと変化できるけど、しないとでは雲泥の差があります)
新入社員の時から様々な考え方を身につけるロジカルシンキング等は学んでおきましょう。

社内教育と社外教育をリンクさせる

いくら良い研修を受講したとしても実践しなければ意味がありません。
リクルートさんの調査によると、 研修で学んだことを成果が出るまで実践し続けられる人の割合は なんとたったの4%しかいないそうです。
その理由が研修を実施することが目的になっている場合がほとんどです。

だから研修を実施するだけではなく、どのように実践をするか、 効果測定をしっかりしましょう。
効果測定をきちんと行っていれば、新潟県の新入社員の方はまじめですので、 研修の効果はより現れるでしょう。

「セールスの学校」新潟の新入社員研修の開催実績

ここでは、セールスの学校の新入社員研修実績をご紹介します。

実績1 様々な業種、職種の企業が多数受講

新潟県での新入社員研修は合同型が特に人気です。
合同型とは様々な企業の新入社員が集まって研修を行うことです。
新潟クラスの受講企業にはサービス業やメーカー、三条市からは製造系の企業など様々な企業様が参加しています。
自社以外の業種・職種の方と切磋琢磨し合いながら学び、他社理解やコミュニケーションスキルを高めあえる点が好評です。

実績2 離職予防実績多数

新潟県では2016年から研修を実施していますが、1年未満の離職率は1.2%と従業員100名以下の1年以内の離職率が24%というのに対して低い水準です。
合同型を行うことにより、隣の芝生が青くないという現実を受講生同士で語り合うことで理解し合えるカリキュラムになっております。

離職率の大幅な減少により、早期の戦力化や社内の年齢構成のピラミッドのいびつにならず次世代をしっかりと育成できると企業様から喜びの声を頂いております。

まとめ

今回は新潟県の新入社員の特徴、企業の特徴やセールスの学校の新潟県における実績について解説してきました。
新潟県の企業で研修に悩まれている場合は、参考になさってください。

セールスの学校様LP_Banner

「この内容が無料でいいのか!?」と驚きの声続出の弊社ウェビナー一覧はこちらにございます⇒ https://lp.sales-training.jp/webinar_LP.html

公式Twitterアカウントのフォローをお願いします! https://twitter.com/sales__school

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。