Column News

静岡で新入社員研修を行う場合には、静岡の新入社員の特徴を捉えて行うことでより有意義な研修を実施することが出来ます。
静岡で新入社員研修を行う場合に大切な点を洗い出していきましょう。

静岡の新入社員の特徴

楽天的

静岡県は本州でも1,2を争う温暖な気候で知られています。
更に海産物や農作物にも恵まれていることから、あまりカリカリせず、楽天的でおっとりした傾向にあります。

社交的

また静岡県は富士山を始めとした観光名所やお茶などの特産品があります。
東海道の重要な拠点で人の往来が盛んだったため、社交上手で都会的な気質もあります。
そのため、研修においても休憩中に和気藹々と話す光景が見られます。

負けず嫌い

静岡県の新入社員の特徴としては負けず嫌いな一面もあります。
静岡を代表する企業として、トヨタがありますが、実は創業者の出身は静岡県なのです。
起業家の中には静岡県出身という人も少なくありません。

静岡県で研修を行う際の注意点

静岡県の特徴として地方都市が多数あるという点です。
夏は海水浴場が賑わう伊豆を始めとして、国内最大級のアウトレットモールがある御殿場、茶畑が有名な浜松などがあります。
そして各地域の特色も強い傾向にあります。
なので、もし静岡の中でもより限定的に新入社員研修を行う場合は、その地域の特徴に沿った研修を行うことをオススメします。

静岡に所在する企業の特徴について

ここでは静岡に所在する企業の特徴についてみていきます。

産業のデパート

静岡県は
「日本の縮図」
「産業のデパート」
と評されていることをご存知でしょうか。
東京や名古屋に近いことや、東海道新幹線が通る恵まれた環境を存分に生かして発展してきました。
そのため静岡県は全国平均と比べると第二次産業の生産額割合が高く、製造品出荷額等の割合は全国4位です。

製造業

静岡県は、幅広い分野で全国トップのシェアを占める製造品が多いことも特徴の一つです。
ピアノの製造に関しては全国シェア100%を占めます。
さらには、医療用機械器具装置、錠剤やカプセル等の栄養補助食品といった医療関係の企業も数多く所在します。

もちろん、お茶や温州ミカン、ワサビなども静岡の特産品として有名で、 生産量や出荷額で全国第1位を誇ります。
このように、静岡県は“ものづくりの県”として日本経済をけん引している企業が多いのが特徴です。

静岡の新入社員研修を成功させるポイント

ここでは、静岡県で新入社員研修を行う際に、成功させるポイントについて解説していきます。

開催方法

コロナウイルスにより対面での研修が難しいのが実情かもしれません。
だからと言って、安易にオンラインしか行えない研修にしてしまうのも危険です。
リアルだからこそ伝えられる内容や、同期との触れ合いが新入社員を育てるのは間違いありません。
なので、オンラインとリアル両方の道を残しておくといいかもしれません。

合同型か単独か

静岡県の企業には、様々な製造業があります。
だからこそ、他社と触れ合う機会を設けることをオススメします。
なぜならば、他社同期と触れ合うことは刺激になるからです。
研修を通して他社同期と触れ合わせるのも1つの手段です。

日数

静岡県で研修を成功させる際のポイントで重要なのは日数です。
製造業が多い静岡の企業だからこそ、研修は中長期で行うことをオススメします。
製造業の新入社員は学ぶことが多岐にわたるため、成果が出るまで時間がかかります。
なので、専門的なことからビジネススキルまで幅広く教育していくためにも、中長期の日数で育成計画を練ることが大切です。

「セールスの学校」静岡の新入社員研修の開催実績

ここでは静岡の新入社員研修で、実際どのような施策を行っているのかご紹介します。

個人の目標設定

静岡県の新入社員では、特に個人個人で目標設定を行って貰います。
業界や各企業によって目標に違いがあるため、自分で考え、目標設定をすることが必要となります。

グループワーク

静岡県の研修では、グループワークによる情報交換を盛んに行います。
そうすることで、新入社員同士で新しい発見を見出したり、他業種や他業界の知識を蓄えることが出来ます。
美味しいものがたくさんある静岡では、最初は地元の特産品の話から始まることがほとんどなので、おなかが空いてしまうのが難点かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
静岡県の新入社員の特徴を生かした研修を行うことで、売り上げ拡大はもちろん、地域貢献にも役立てるかもしれません。
ぜひ試してみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-15.png
セールスの学校様LP_Banner

「この内容が無料でいいのか!?」と驚きの声続出の弊社ウェビナー一覧はこちらにございます⇒ https://lp.sales-training.jp/webinar_LP.html

公式Twitterアカウントのフォローをお願いします! https://twitter.com/sales__school

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。