Column News

新入社員とは?新卒社員・新人社員と何が違う?似たような意味でとらえがちな言葉として、新入社員、新卒社員、新人社員があります。それぞれどのような人のことをいうのか、特徴などについてご紹介しましょう。それぞれへの対応方法についても解説するので、参考にしてみてください。

■新入社員とはどんな人のことをいうか

新入社員とは、その名の通り、新しくその企業に就職した社員のことで、新入社員には、「新卒社員」と、「中途採用」があります。

どちらも新たに就職してきた人のことを言うのですが、新卒社員とは、学校卒業後に行った初めての就職活動で採用された人のことです。学校卒業後に一度企業に勤め、転職活動を行う方は第二新卒に分類されるのですが、基本的に新卒採用以外は「中途採用」となります。

新入社員の中でも新卒社員はまだまだ社会経験がないものの、年齢が若いこともあり企業としては長く働いてくれる存在であることを期待しているほか、若い人ならではの柔軟性を求めることが多いです。

一方、中途採用とはこれまでに他社で働いてきた経験のある人のことをいうので、過去の経験を活かした働きが期待されます。社会人としての経験もあるので、基本的なビジネスマナーを身に付けているのはもちろんのこと、即戦力としての働きが期待されているのです。

また、どちらの場合も入社から1年くらいまでの時期は「新人社員」という扱いになります。新人社員は、まだまだ会社に慣れておらず、覚えなければならないことがたくさんあることから、手厚く面倒を見てもらえる期間だともいえるでしょう。
企業にとってはこれから会社を担っていく存在であり、様々な期待を寄せています。

新卒社員の特徴

新卒社員は、様々な研修が用意されているので基礎的な知識などを学び働くための準備をした上で業務に取り組むことができます。また、同期入社の仲間がいるので、協力したり、相談したりできる相手を見つけやすいといえるでしょう。
中途入社の場合は前に働いていた職場と新しく入社した職場でルールや業務内容が異なって戸惑ってしまうことがありますが、新卒入社であればそういった心配はありません。

社会経験が浅く、基本的なビジネスマナーを身につけていない方もいますが、今後の成長が期待できる存在です。

中途採用社員の特徴

中途社員は社会経験が豊かで、過去の経験を活かして働くことが期待されています。新卒に比べると教育コストが低いのが魅力だといえるでしょう。即戦力としての働きも期待できます。
中途社員の中でも第二新卒の場合、基本的に新卒採用された会社を3年以内に退職した人の事をいうため、即戦力や経験というよりも新卒社員に近い立場として採用されることがあります。
新卒社員と同じく若いものの、社会人としての経験があるので基本的なビジネスマナーを身につけている、業務に関する基礎知識があるのが第二新卒だといえるでしょう。

■新入社員への対応はどうすればいいか

新入社員への対応はどうすればいいか

新入社員の対応を考える際には、新卒社員と中途採用で異なる対応が必要です。

新卒社員の場合

新卒社員は様々な不安を抱えて入社してきているので、精神的な面でのサポートが重要です。特に教育研修期間中に挫折してしまう方もいるので、気にかけましょう。
また、配属直後に業務などに関する不安や悩みを抱えてしまう方がいるので、継続してサポートしていくことが大切です。

入社3ヶ月後以降に体調を崩す新卒社員が多いため、このあたりを見計らって面接を敷いて話を聞いてみてはいかがでしょうか。

中途採用社員の場合

中途採用の場合は、なかなか周りに馴染めず、それがストレスになって退社に繋がってしまうことがあるため、周囲とコミュニケーションを取るための手助けをするのがおすすめです。
入社後、社内で紹介をしたり、上司や研修担当者が昼食に誘ったりするなどして周りになじみやすい環境を作りましょう。また、メンター制度を取り入れることによって周りに相談しやすい環境づくりもできます。
それから、中途採用の場合は、新卒採用ほど丁寧な研修が用意されていないケースが多いですが、研修がなかったために業務内容や仕事の進め方についてよく理解できず、取り残されてしまうケースがあるため、注意しなければなりません。中途採用社員のための研修もしっかり用意しておきましょう。

■それぞれに合わせて対応していく必要がある

新入社員とは何かについて解説しました。新卒社員、中途採用社員それぞれで特徴が異なるため、よく理解したうえで適切に対応を考えていきましょう。
いずれの場合も、就職直後の離職を防ぐためには、万全の受け入れ準備をして迎え、丁寧なサポートをしていくことが重要です。新入社員にとって働きやすい職場づくりができれば、離職率を低下させることができます。

長く働いてくれればそれだけ戦力になるので、現在の受け入れ準備や、研修、サポートで十分か考えてみてください。

セールスの学校様LP_Banner

■「この内容が無料でいいのか!?」と驚きの声続出の弊社ウェビナー一覧はこちらにございます!
https://lp.sales-training.jp/webinar_LP.html

■公式Twitterアカウントのフォローをお願いします!
https://twitter.com/sales__school

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。