Column News

マネジメントも育成も同じものものだと考えてしまいがちですが、それぞれの違いについて明確に理解しておきましょう。そこで、マネジメントと育成にはどのような違いがあるのか、部下を持つ上司は、どちらを重視して身に付けていけば良いのかについてご紹介しましょう。

■そもそも「マネジメント」と「育成」とは

マネジメントと育成、どちらも同じだと考えている方のために、それぞれの意味や特徴について解説します。

マネジメントとは

マネジメントとは、マネージャー層の社員であればできる限り理解しておきたいものであり、直訳すると「管理」や「経営」という意味を持った言葉です。会社において成果を上げるために必要な機関や機能、道具といったものがマネジメント、成果を上げるために責任を持つ人がマネージャーと呼ばれます。
マネージャーとリーダーが混同される事がありますが、マネージャーは掲げている目標を達成するために適切な形で組織を運営する人であるのに対し、リーダーは掲げている目標達成のための方向性を示す役割を持つのが違いです。

育成とは

職場における育成とは、上司や能力のある人が部下を指導し、育てていくことをいいます。ただし、仕事ができるからといって必ずしも育成者としても向いているわけではなく、教える側としての立場や知識も必要です。
特に新入社員に対しては、まずは会社としての風土や、具体的な業務の進め方についての育成を行わなければなりません。同じく、移動によって他の部署から配属されてきた人に対しても、配属先の部署で必要になる知識などを伝えるのが育成です。

また、近年はただ言われたことをこなすだけでなく、自ら考えて動ける人材を育てたいと考えている会社が増えています。社員が自ら考える必要のある場面に直面した場合、それをサポートしていくのも育成の一つだといえるでしょう。

■マネジメントと育成の違い

マネジメントと育成の違い

例えば、業務上のミスを抑えるために毎日決まった時間にメールチェックが必要だと定められている会社があるとしましょう。

メールチェックをする必要性や、チェックしなかった場合に考えられるトラブルやミスなども理解しているにもかかわらず、メールチェックが習慣化できない社員に対しては、マネジメントが必要です。

一方で、なぜメールチェックが必要なのか、しなかった場合にどのようなトラブルにつながってしまうのかなどを全く理解していないために、チェックを怠る新人社員に対しては、教育が必要です。
「それをする意味はわからないけれど、やれと言われたからやる業務」と「やらなければならない意味を理解しており、重要性も把握したうえで行う業務」では動き方や意識、責任感も変わってくるので、活躍してもらいたいと考えている社員には、まずは必要な知識を身に付けてもらうための育成をすることが大切になります。

きちんと育成されていない社員をマネジメントしようとしても、その必要性を理解していないので、うまくいきません。
部下の育成を行うのは、マネジメントについて理解しているマネージャーの仕事です。将来的なことをしっかりと見据えたうえで、そのために必要な指導や教育を行っていく必要があります。

■マネジメント力と育成力を兼ね備えることが大切

マネジメント力と育成力を兼ね備えることが大切

部下を指導する上司の立場にある人は、マネジメント力と育成力のどちらを磨いていけば良いか悩んでしまうことがありますが、どちらも同じくらい大切です。マネジメントと育成の違いについてご紹介してきましたが、若手を育成する役割を任せられているのであれば、両方できているかどうか振り返ってみる必要があります。
例えば「自分は育成ができている」と答えた管理職の中には、具体的にどのような育成を行っているのかと聞かれると答えられない方も多く、中には「現場の指導に任せている」というように、自ら積極的な育成を行うことに力を入れていない方もいるようです。

若手社員を育成する姿勢が整っているかは、部下がやる気を持って働き続けられるかと深く関わっている部分でもあるので、若手社員が目標をもって成長し続けていけるような育成ができるように考えていかなければなりません。

しかし、マネジメント力と育成力は自然に養えるものではないので、場合によっては管理職研修を受けるなどして管理職として必要な知識について理解を深めていくことも必要です。

■マネジメントと育成の両方を理解している指導者が求められる

マネジメントと育成の違いや、どちらも重要である理由について解説しました。部下に指導する立場にある管理職の方などは、両方の違いを理解したうえで、どちらも知識を深めておくことが重要です。
具体的な育成方法について理解できていない管理職の方も多いため、管理職にとって必要なことが学べる研修などを用意するのも良いでしょう。特に新入社員を迎えることになり、新たに管理職の立場を任された人は不安を感じることが多いので、会社としてはマネジメントや教育を行っていく存在を、しっかりサポートしていく仕組みを作ることが欠かせません。

LP用バナー

■「この内容が無料でいいのか!?」と驚きの声続出の弊社ウェビナー一覧はこちらにございます!
https://lp.sales-training.jp/webinar_LP.html

■公式Twitterアカウントのフォローをお願いします!
https://twitter.com/sales__school

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。