Column News

新人教育をどのような形で行うのかによって、新人がきちんと育つかどうかが変わってきます。教育の仕方を間違えてしまうと、教育を受ける新人から不満が出てしまうだけでなく、非効率な時間となってしまいます。そこで、新人教育の重要性や実施する際のポイントについてご紹介します。チェックシートを作成して、効率よく教育をする方法などぜひ参考にしてみてください。

■新人教育の重要性とは

そもそもなぜ新人教育が必要なのかというと、いち早く戦力として活躍してもらうためです。会社に入ってきたばかりの新人に対して十分な教育をせず、「目で見て覚えて」というのはとても効率が悪いといえるでしょう。
業務上必要になる知識やスキルを新人教育の中で効率よく学んでもらい、活躍してもらうのが新人教育の目的です。

もちろん、普段の業務をこなす中で、少しずつ身につけていってもらう事は可能ではありますが、あらかじめ研修などで新人教育を行っておけば、必要な知識を身に付けたうえで業務にあたることができるため、早く結果を出すことができるになります。

更には、右も左もわからない新人社員の不安を取り除く効果も大きいです。ろくに指導をしてもらえず放置されていると感じてしまうと、仕事に対して大きな不安を感じるようになってしまいます。場合によっては早期離職につながってしまう恐れもあるので、早期離職を防ぐためにも新人教育が必要です。

■新人教育を実施する際のポイント

新人教育を実施する際のポイント

実際に新人教育を実施する際には、いくつかおさえておきたいポイントがあります。中でも重視したいことについて解説しましょう。

仕事の目的やゴールを伝える

業務の内容によっては、何のためにそれを行うのか、何に役立つのかわかりにくいものがあります。これらを理解しないままで業務に取り組んだとしても、やりがいを持って働くことはできないので、まずは仕事の目的を伝えるようにしましょう。
また、明確なゴールが定められていると、そこに向かって努力することができるので、成果が上がりやすくなります。目的が共有されていても、ゴールの認識が間違っていると二度手間になってしまうような可能性あるので、慣れるまでは目的とゴールを両方伝えたほうが良いです。

チェックシートを作成する

新人教育でぜひとも役立てたいのが、チェックシートやチェックリストです。ある程度仕事に慣れてきてからは、頭の中でやらなければならないことを整理して考えることができますが、新人のうちはうまくいきません。後でやろうと思っていたことを忘れてしまったり、報告したつもりでできていないことが発生したりするので、面倒でも慣れるまではチェックシートを作成し、終わったことをチェックする習慣をつけてもらいましょう。これによりうっかりミスを防ぐことにもつながります。

指導中に手を動かすのは新人

指導する際に、自分がやってみせるだけのスタイルで教育を行ってしまうと、新人の理解度が低くなります。新人としては見ただけで覚えたつもりになることもありますが、実際に自分が作業する時に「あれ、どうだったっけ」と行き詰まりやすくなるのです。慣れるまでは時間がかかりますが、隣で指導しながら見守りましょう。

質問しやすい環境を作る

わからない事があったとき、すぐに質問できる環境が整っていると効率よく学ぶことができます。一方で上司と距離があり、わからないことを質問しにくいと一人で悩み、無駄な時間を過ごすことになってしまうでしょう。
できる限り質問しやすい環境を整えておくことが重要です。

■教育担当者に対する研修も重要

教育担当者に対する研修も重要

新人教育というと、新人に対してどのような教育を行うかばかり考えてしまいますが、それより先に考えたいのが、教育担当者の教え方に関することです。
どう指導していくのか、教育・意識合わせを行わなければなりません。

ただ単に自分のやり方や考えを押し付けてしまうのではなく、新人にとってわかりやすい形で指導する心がけが必要です。上から目線で指導しても信頼してもらうことはできませんし、教え方が下手だと教育されると立場にある新人が困惑してしまいます。
効率よく新人教育を行うためには、教育担当者が研修などで必要な知識を身につけておくことも重要です。例えば、わかりやすい話し方のポイントや語彙力の向上、伝わりやすい声質や声量、適切な形で指導するための観察眼などを研修で養うことにより、効率よく指導ができるようになります。

■新人教育は計画的に

新人教育の重要性やコツ、指導者となる立場にある教育担当がおさえておくべきポイントについてご紹介しました。企業の中には、きちんと新人教育ができているつもりでいるものの、実際には効率が悪かったり、新人にわかりやすい形で伝えられていなかったりするケースもあります。
新人がなかなか育たないと感じている場合は、新人教育がうまくいっていない可能性があるので、もう一度やり方について見直してみてはいかがでしょうか。

LP用バナー

■「この内容が無料でいいのか!?」と驚きの声続出の弊社ウェビナー一覧はこちらにございます!
https://lp.sales-training.jp/webinar_LP.html

■公式Twitterアカウントのフォローをお願いします!
https://twitter.com/sales__school

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。