ビジネススキル研修(若手向け)

人材のお悩みを解決する
新人育成のご提案です。

  • 採用人数が少ないから教育に時間やコストを投入できない。
  • 入社三年目以降のこれからという時期に離職されてしまう。
  • 勢いや元気がなく、自信がなさそうな若手社員ばかりいる。
  • 現場の先輩と上司が業務で忙しく、新人教育を放棄している。
  • 言われた事しかやらない指示待ちの雰囲気が漂っている。

採用の売り手市場である近年、採用した社員の離職は企業にとって致命的なリスクです。早期離職は採用コストを無駄にしてしまい、好景気時の機会損失を招きます。働き方改革、人づくり革命が声高らかに言われている今日、新人層を早期に企業の戦力にすることが急務です。

悩む女性

1名から参加できるオープンスクール

手をあげる受講生

対象者が少人数の場合、研修会社を自社に呼ぶことはコスト面では割高になって1人当たりの教育費の費用対効果が低くなります。
1社1名から参加できるオープンスクール型なので、採用人数が少なくて体系的な研修を受講させることができない中小企業様からお喜びいただいております。
他社交流によって「隣の芝生も青くない」という社会現実の認識と、他業界や他業種を理解することによる社会勉強の効果もあります。 研修は朝の9時から夕方の18時まで開催するので、受講生同士の関係値も深まり、将来の人脈形成の場にもなります。受講生の6割が営業職、4割が非営業職です。

脱研修!習慣化トレーニング
動ける力と考える力を養います。

3日で学んだことは3日で抜け落ちる。一週間で学んだことは一週間で忘れてしまう。研修をより効果的にするためには習慣化がもっとも重要なテーマです。ビジネスマナーなど不可欠な知識学習はするものの、本研修は全体的にトレーニング色が強くあります。実戦でのOJT効率向上、業務の成果にゴールを設定した研修なので、学び・ワーク・ディスカッション・実践への挑戦のPDCAサイクルを回します。
仕事へのスタンスや、社会人としての責任を自らが気づくためには、体感型ワークでスキルを徹底的に磨き上げることで内発的にもたらせることが可能です。
新入社員研修の受講生の様子

研修の明確な効果測定と成長促進!PDCAの見える化により行動定着


一人では学びに限界があり、モチベーションを持続させるのも難しく、道半ばで行動を止めてしまい結局習慣化できないということ
が多々あります。もろんPDCAは回りませんので成長スピードは遅くなります。目標達成に向けた行動変容、今までの自分との闘いに
おいて、孤独は最大の敵です。その問題を解決し、目標達成のための行動習慣化メソッドが「PDCA+FAサイクル」です。
研修で勉強会チームを結成し、少人数でお互いの行動に対してフィードバックをし合い、成長意欲を高めます。
また、セールスの学校の全国受講生チェックによって、受講生の相対評価による強みと弱みの発掘が
可能になります。社内の上司からのフィードバックも受けることで現場でのマネージメントが円滑化します。

満足度97%!感想ランキング

1.離職率が大幅に改善された
2.他社交流で現実を理解し仕事への甘えがなくなった
3.ストレスや不安を感じなくなった。イキイキとしている
4.顧客とのコミュニケーション力が上がった
5.自社の商材理解が深まり、顧客満足への意識が高まった
6.自社への愛着心が高まっているように感じる
7.営業力が上がった。成約が例年より早い
8.受講レポートの報告があり、現場で有効な育成ができた
9.作業をするだけという意識がなくなった
10.研修を導入したことで採用面でもプラスになった

カリキュラム

カリキュラムは受講生の知りたいというニーズと企業側の教えたいというご要望、そして実践でもっとも成果の出る方法論やスキルトレーニングが中心です。反復練習をする場面あり、一発勝負のような緊張感のあるような場面もあります。受講生が脳を活性化しやすい機能的な体感型にしているのも特徴です。













なぜ、技術職も事務職も専門職も営業スキルを学ぶ必要があるのか?

ビジネスでもっとも重要な観念は自社が社会にもたらす貢献、顧客への価値の提供です。ピラミッドを作っている石切り工が「石を切り出す仕事をしている」と捉えるか、「歴史をつくっている」と捉えるかで、仕事の意味付けは変わります。作業に意味をもたらすことで生産性を上げる源泉となります。 営業の観点に立つことで自然と仕事への深い意味づけができるように成長します。

カテゴリー 営業職 非営業職  カテゴリー 営業職 非営業職
顧客対応力 営業としての顧客対応力を養う 社会人としての顧客対応力を養う 説得力 自社の優位性を武器にする 自社の優位性を理解する
営業会話力 顧客との会話力を磨く 社内の意思伝達を磨く ツール開発 営業効率を上げるツール作り 顧客価値の考察
合意形成力 商談の設計をする MTGの生産性を向上させる プレゼン力 プレゼンテーション能力の強化 プレゼンテーション能力の強化
折衝力 折衝力を養う 会議の生産性を向上させる SP開発 競合との差別化を図る 自社理解を深める
ヒアリング力 ニーズ把握の質問力を培う 認識のずれをなくす質問力を磨く マーケティング 営業戦略の基本を習得する ビジネスの成り立ちを理解する
動機づけ力 顧客の購買動機を喚起させる 自社商材の理解を深める 営業PDCA 営業効率向上のPDCAを学ぶ 業務効率向上のPDCAを学ぶ

*カリキュラムは予告なく変更する場合がございます。最新は営業までお問い合わせください。

 
顧客の声

株式会社三信不動産販売 今井様

https://youtu.be/Q47osY9zZPsQ.新卒教育について課題に感じていたことは?
見て覚えろ方式だと社会人としての素養が、どうしても教える側の人間に任されてしまい、会社として1本の柱として育たない課題はありました。会社としては、実務的な部分と社会人としての素養、例えば社会人として当然持っていてほしいビジネスマナーや文章の書き方があると思うのですが、基本的には両輪で育っていってほしいと思っています」
Q.合同型研修のメリットは?
他社との交流です。新入社員が同じ環境の方と交流を[wpex more=”……続きを読む” less=”閉じる”]もてる、社外の人と接することで互いに刺激しあい切磋琢磨しております」
Q.セールスの学校導入前はどのような教育を行っていましたか?
教育制度はありませんでした。基本的に入社した社員はチームに所属してもらうのですが、その中で「見て覚えろ」といういわゆる昭和型、体育会系のような体制でした。そのため個人によってバラツキがありました」
Q.セールスの学校の新卒研修を選んだ理由は?
営業マンの良さです。営業マンの宮地さんとはじめてお会いした時に、新卒と思えないプレゼン力や立ち振る舞いに驚き、その後の対応も心を動かされるものがありました。セールスの学校の研修を受けると宮地さんのような新入社員の方が育つと思いました」
Q.研修の導入効果を感じられたことは?
一番はプレゼン力が上がりました。朝礼など人前での話し方が当初よりも堂々としており、研修で学んだプレゼン力や実際人前で発表することにより、度胸がつきました。
また、研修終了後に業務や研修で学んだことの整理をしたのでこれから成果が出てくるのではないかと思います。実際に1人成果の出ている人間もいます」
Q.どのような企業様へおすすめしますか。
人材育成に手が割けない企業様におすすめします。弊社としてもセールスの学校の新入社員研修を受講させたことで専門の機関にアウトソーシングするのはよいと実感しておりますので、教育制度があまり体系化していない企業様は受講した方が早く育成に繋がると思っています」[/wpex]

関東サービス株式会社 石田様

https://youtu.be/OTF0dsr7cIcQ.合同型研修のメリットは?
成功体験を新卒の段階で味わえることです。他社の同期が研修の場ではチームとなり一つの物事を成功させ、課題に向かってやり遂げるという、この一貫性のあるトレーニングに非常に感銘を受けました」
Q.研修の導入効果を感じられたことは?
責任感が違います。セールスの学校の研修を受けさせて今年で3年目になるのですが、研修前と後では責任感が違います。例えば[wpex more=”……続きを読む” less=”閉じる”]新卒に一つの仕事を任せてみると研修で学んだことを活かして何か自分の中で着地しないといけないという責任感で行動しているのが実感できます」
Q.どのような企業様へおすすめしますか。
「従業員に働きがいを持ってほしい企業様におすすめしたいです。人材教育はどうすればよいか悩まれている企業様や従業員それぞれの目標設定の仕方などを模索されている企業様には是非、セールスの学校の新入社員研修に参加していただきたいです」
Q.新卒教育について課題に感じていたことは?
「人前で何かを発信をする、自分の意見をアウトプットすることに対して苦手意識が強いところです。荷役のノウハウや自分の育ってきた環境について発信することはできるが、3年後や5年後にこうなりたいという未来予想図を考えて発信できるようになればと考えていました。また、インプットしたものをアウトプットできるようになる力を養ってほしいと思っていました」
Q.セールスの学校の新卒研修を選んだ理由は?
「弊社の課題を解決できると感じたからです。アウトプットする場が数多くあり他社の方と課題に取り組むことでやり遂げる成功体験を積むことができ、そこで社員が成長できると感じ選びました」
Q.セールスの学校導入前はどのような教育を行っていましたか?
「現場に出向いて技術者や責任者に対しての研修は毎月行っていました。外部としてはマナー研修や物流コンサルタントに一部任せている時もありましたが、基本的に社内で行っています」[/wpex]

株式会社国分電機 信本様

https://youtu.be/3fquTi0YLSYQ.セールスの学校の新卒研修を選んだ理由は?
実際の研修を拝見し、考えて行動させたり発言をさせたりと頭を使って行動させることのできる研修、社員にとっても成長する研修と思ったからです。 他の研修会社をいくつか検討しましたが、精神論やとりあえず大きな声を出すという研修が多くあるように感じました。弊社が既存のルート営業ということもあり丁寧にひとつずつ自分の考えで行動していくという社員を育てたいという思いもあり、セールスの学校の新入社員研修を選びました」
Q.新卒教育について課題に感じていたことは?[wpex more=”……続きを読む” less=”閉じる”]
新卒の教育はやらなくてはいけないと思っていたものの、体系的な教育がなく何かしないといけないというのが課題でした
Q.合同型研修のメリットは?
「他社との交流です。弊社は既存のルート営業のため、新規開拓の営業と違い新規で顧客にお会いする機会がほとんどありません。合同型研修では、全く違う業界の方と出会い交流ができることは大きかったなと感じています。また、合同型研修の中でいい面も悪い面でも他社比較ができると思っておりまして成長になると考えております」
Q.研修の導入効果を感じられたことは?
「受講した新入社員のプレゼン力が上がりました。研修を受講した新入社員は、始めの頃よりも朝礼などの発表する場での声の大きさ、話す内容が簡潔にまとまっていたりと非常に分かりやすく伝えることができており、導入効果として感じています。他の既存社員にも受けてほしいと感じるくらいでした」
Q.セールスの学校導入前はどのような教育を行っていましたか?
「導入前は何も行っていませんでした。入社前に3日間のビジネスマナーなど数日間のものはしていましたが、本格的に始めたのは今年が初めてで、何をしたらいいのかなという状態で数年いました」[/wpex]

導入事例はこちら

現場指導者・先輩社員向け
4月~9月 計6回開催
社内教育効率化WEBセミナー

・研修内容の共有(共通言語化)
・現場での教育(OJT)スキル
・先輩としてのコミュニケーション
・適正なフィードバック法

若手がどんなことを考え、どんな意⾒を持ってい るのか。研修でどんなことを学んでいるのかを共有していただきます。

研修受講者向け
3月開催
PCスキル研修

・PC基礎スキル
・セキュリティ基礎知識
・Officeスキル
・ブラウザ、クラウド基礎知識

Windows設定、メンテナンス、データ保管、セキュリティ、ウイルス対策、Excel、Word、PowerPoint活⽤術Chrome、クラウド、アプリの活⽤術など

研修卒業生向け
翌年1月開催
フォロー研修

・学んだスキルの振り返り
・一緒に学んだ同期生からの刺激
・目標の振り返りと、再設定
・生産性の向上

2年目 に向け「新たな目標設定」を計画します。2年目の中だるみ時期の直前に適正なフォローを⼊れることで「離職防⽌」「生産性向上」につなげます。


開催場所

五反田(東京)、大宮、札幌、仙台、新潟、富山、金沢、静岡、岐阜、京都、大阪、神戸、広島、福山、福岡

2021年度開催日



講師紹介

経験豊富な講師が新入社員をプロフェッショナルへ導きます。

青柳 功
リクルート出身で未だ破られない前人未到の営業記録を持ち、人材考察のプロフェッショナル。

佐藤 美和
大手航空会社のVIP担当、教育係を歴任し、数々の店舗業績を改善させた接遇のエキスパート。

浅井隆志
全国から講演セミナー依頼が殺到する人気講師。多数のコンサルティング経験が豊富

荒川 江美子
営業経験を持ち、人材育成コンサルティング及び研修講師業として15年以上のキャリアを持つ。

小松直人
目配り気配り心配りの圧倒的な気遣いで信頼を勝ち得る基本徹底型営業スタイルが強み。

講師紹介一覧はこちら


受講料金

一名あたり 350,000円(税抜)テキスト代込み

特典サービス 総額105,000円(税抜)
(PCスキル研修35,000円、上司向け勉強会60,000円、フォロー研修20,000円、社員行動特性分析10,000円)

人材開発支援助成金認定実習併用型訓練

 530,160円(最大)、若年人材育成コース 234,480円(最大)

詳細ページはこちら


Q.合宿研修はやっていませんか?
A.個別でカスタマイズし実施可能です。しかしながら、気合根性を注入する軍隊式の方式は弊社では対応しかねます。
Q.4月スタート以外のクラスはありますか?
A.新人層向けは4月開講のみです。リーダー向け、管理職向けは通年開催しております。
Q.離職の場合、未受講分は返金できますか?
A.受講開始日より一切の返金は対応できかねます。
Q.同じような研修を見かけますがどこが違いますか?
A.提案書からコンテンツまで弊社の模倣が大変増えております。弊社がオリジナルであり、蓄積されたノウハウには自負がございます。
Q.新人以外でも参加させることは可能ですか?
A.本人の受講意欲によって可能です。過去の最年長は33歳です。
Q.途中で参加クラスの変更は可能ですか?
A.可能です。極力同じクラスのほうが仲間がいるのでおすすめさせていただいております。
Q.助成金の活用は確実ですか?
A.助成金活用は諸条件がございますので、すべての企業様が活用できるわけではありません。
Q.助成金の受給見込みはどれくらいですか?
A.実績ベースで、満額70%、一部減額で30%程度です。*こちらはお約束できる内容ではありませんのでご注意ください。


 











Previous
Next

資料のご請求はこちら

©  セールスの学校 All Rights Reserved.
PAGE TOP